2011年12月06日

映画「けいおん!」 初動ヱヴァ序超えの大ヒットについての感想!

超久々に更新しますw

映画「けいおん!」 初動ヱヴァ序超えの大ヒット ネットで話題に
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1682142.html


いやぁ、初動ですでに3億とはすごいですねぇ…。
けいおん!はやっぱりすごい人気があったから、アニメ業界のキラーコンテンツなんでしょうね!
しかし、ネットで話題になっているのはどうやら3億という数字の部分だけではないようです。

問題は、いわゆるAKB商法に似たやり方をしているという部分でした。
AKB48のCDがミリオンヒットしていたりとニュースで話題になっておりますが、ネット上ではCDに付いてくる特典目当てのファンが1人で複数枚購入している実情が取り上げられ、不快感を露わにしているネット住人は少なくない様子。
今回の映画は、まさにその商法を行っているという事で、ドン引きしている住人がいたりします。

特典の内容とは、映画けいおん!を3回観る度にメモリアルフィルムという特典がプレゼントされるそうで、どうやら8種類存在している模様ww
つまり、24回映画を観ないとコンプリート出来ないという仕組み!

まぁ真っ先な感想としては……

マジないわぁ…(ドン引き)

の一言なんですがw

俺はオタクですが、基本的に特典とかのグッズは全く興味を示さない人間だったりします。
映画を観て、楽しむだけで満足なんですよね!
まだ初動の段階の為最終的にどれだけの興行収入になるかは分かりませんが、結構な額は行くかと。
キラーコンテンツだから今回のような商法も通じると思ったようですが、逆に俺はアニメ業界の今後がちょっと危ないのでは?と感じたりしました。
アニメ業界はクリエイターの収入がかなり少ない事で有名。その理由としてはテレビ局側からの予算が結構少ない事が挙げられます。
そういった中で稼ぎを出そうとするとなると、DVDやら映画で収入を得なくてはいけない。
でも不況やら割れ問題等があり、初回特典等を付けないと購入してくれない事実もある。
もしかしたら、今回の件がきっかけとなってこのような商法を仕掛ける映画が増える可能性が高い。
つまり、それ位アニメ業界は切羽詰まっているのではないでしょうか?
これはあくまで俺の推測なんで、事実は全くわかりませんがww

今後10年20年先に、今のような良質なアニメは生産されるのでしょうか?
今オタク業界はノリにノッテいるかもしれませんが、いつ冷え込むかわかったもんじゃない。
消費者も結構知恵をつけているし、冷静な人も多くなってきているので、真にファンの期待に応えるようなものを売り込んでいくのが大事なのではと感じる出来事でした


posted by 須永 遊 at 11:01| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

神聖かまってちゃんは俺も無理でした、撃沈!

あれがロックというなら、俺は一生ロックを理解できないんだろうなぁ。
どうも、真性かまってちゃんですw

8月29日の生放送でやっている、カミスン!という中居正広司会の番組があります。
生放送なんですが、そこに出たのが、今回の神聖かまってちゃんという4人組ロックバンド。
俺はヘビメタとかそういったロック系は大好物なのですが、彼らはロックバンドなのか非常に疑問に残ります。
歌詞を無視してキチガイなアレンジを入れる、中居に変な絡みをする。もうやりたい放題でした。
もしあれをライブパフォーマンスというのであれば、正直見に行きたくないし金すら払いたくない酷いものでした。

ネット上の反応だと、大体の人が「気持ち悪い」「生理的に無理」という意見がほとんどでした。
しかし、一部では「あれ位やってくれるバンドも貴重」という貴重な意見もありました。
ロックが好きな人は「あれがロックとは、勘違いにも程がある」なんて辛口意見。俺もそう思います!

実際聞いてみたら、サウンドは確かにロックかなって思いましたが、メロディとか歌声とか含めるとJ-POPじゃないのかな?
まぁお金は絶対に払いたくないってのが私個人の感想であります。

この神聖かまってちゃんが本気で支持をされているのかが、第一の疑問でした。
俺の感性が足りないのか、はたまた人生経験が薄いのか、どっちかわかりませんが俺の聴いた曲の中で群を抜いて底辺でした。
もし彼らの良さが分かる方がいらっしゃるなら、コメントください。それを踏まえてもう一度聴いてみます。

posted by 須永 遊 at 10:18| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

一足遅れて、韓流のごり押しや韓国について語ってみる

すっごい今更ですよね;
でもちょっと語ってみようと思います。

まず、率直に言うと俺はそこまで反韓流ではないです。
俺の母親は韓国ドラマが大好きで、食卓で必ず見ています。でも内容を見ると面白いのも確かにあったりします。
基本的に中立な立場にいる俺なので、中立的な視点で語ってみますね。

何故どの番組でも韓国ドラマを放送しているのか。
それは安くドラマを放送できるからという理由が一番でしょう。
韓国の俳優は美男美女が多く、内容も昼ドラに近いもので昼ドラが大好物な主婦には大受け。
何より放送料を韓国に支払うだけなので、一から製作するよりはるかに安価なんです。
しかし、フジテレビは他局と比べて、俺が見ても酷いと思う位の韓流ごり押し。
まず、ご長寿番組で知られる「笑っていいとも!」では、ゲストに韓流スターが週に1回は絶対に出るという異常なペース。
さらに同番組内の冬の定番鍋、年代別ベスト5のコーナーがあったが、20代から60代全ての1位がキムチ鍋」でした。
ちなみにとある所がアンケートした所、20代に関してはキムチ鍋が1位なのですが、年齢層が上がるにつれてベスト5からキムチ鍋は消えていたのでした。
上記の理由からあからさまな情報操作が浮き彫りになりました。

フジテレビの韓国贔屓はまだ続くが、読んでいる方々は大抵御存じかと思うので省略させて頂きます。
ついにはスポーツにまで韓国贔屓が出てくる事になり、ネット住人はついに大激怒。デモ行進を2回行うという騒動にまで発展しました。
ちなみに1回目はデモ行進の許可が下りなかった為に、「散歩」という名目だったとか。
2回目は正式にデモの許可が下り、警察同行の上でフジテレビ周辺で行われる。その規模は何と6000人!
あまりの規模に主催者も驚いたとの事。しかし、テレビ局ではこのデモ行進は取り上げられず知らんぷり。皆韓国にすがっている為、下手な事は出来ないからと一部では見られているようです。


さて、韓国は政治面ではどのような態度を取っているのでしょうか?
世界的に認知されている韓国の特徴は、
・愛国心の行き過ぎ
・韓国人以外の人種は認めず、差別が平気で横行している
・韓国が世界一であり、基本見下している
・とにかく韓国は自国を主張している
と見られています。これはほぼ正解なんです、恐ろしい事に。
韓国は世界的に嫌われている国として有名であり、マナーも最低とされている。
これらはもちろん韓国人が他国で多数問題を起こしている為、結果国の評価を下げてしまったのです。

とある国では、韓国人入店禁止とか、韓国人だと分かると料金を倍にする等、これこそ差別では?と思う位突っぱねた態度を示す。
アメリカでは、韓国人留学生によるレイプ事件が多発する為、政府が「韓国人によるレイプ注意警告」を公式に発表するほど(1999年)。
さらに経済協力開発機構(OECD)加盟国で初めて「自由言論弾圧監視対象国」に指定したりと、悪評選り取り見取りである。

そして日本と韓国の、世界的に見た優遇さがはっきりわかる一例を出します。
日本は世界的に「素晴らしいマナーをほとんどの国民が持っている」と見られており、事実フリーパスで入国できる国がたくさんあります。
だけど韓国の場合は「他国でも我が物顔で問題を起こすし、マナーが底辺」とされて、厳しい入国審査が待っています。
その事について韓国は「差別だ」と言っていますが、救いようがない事実なんです。


中立的な視点を持ちたいが、酷すぎてやっぱり無理ですorz
韓国が今やるべき事、それは態度を改めて、ゆっくりと世界と歩み寄っていくしかないと思います。
しかし現在まで様々な騒動を起こしてきた韓国にとって、それすらも高い壁となってしまった。
韓国の国境に沿ってそびえ立つ高くて分厚い壁を、打ち壊すのかそれともそのままにするのか、それによって日本はどのような行動を取るのか。
韓国の騒動は、もう見逃せるものではなくなりつつあります。今後の動向を常に注意していかないといけないですね。


最後に、日本に留学している韓国人がブログでつづった一言を本記事の締めにします。
「日本人は皆親切で、知らない人にも挨拶をする。道にもゴミが恐ろしく少ないし、何よりこんなマナーの良さは見た事ない。韓国に帰りたくない」(俺がかなりアレンジしてますが、おおむね合っています)


posted by 須永 遊 at 11:02| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

1/23 秋葉原歩行者天国再開 レポート

本日1/23の13:00より、約半年間日曜日限定で秋葉原歩行者天国(以降ホコ天)が復活しました。
俺も足を運んで終了の17:00までのホコ天の様子をお伝えしようと思います。
今回はクソ長いので注意をw

○13:00
秋葉原に到着。すでにホコ天開始。
    

以前のホコ天の活気がそのまま戻ってきた気がします。
ただし、前と違う所はパトロールが常に巡回している事。しかも警察と連携を取って。



この上のサムネイルの人達は、地域連携部会「アキバ21」の皆さん。町会や商店街の皆さんで組織された会です。
その人達がプレートを持って主にホコ天を回り続けていました。
そのプレートの内容は、今回の禁止事項。

DSC_0039.jpg

以前のホコ天で問題になっていたパフォーマンス行為と路上販売に加えて、自転車走行も禁止されていました。まぁ人がたくさんいる中で自転車走らされてもいい迷惑ですね。

DSC_0065.jpg

そしてアキバ21の皆さんはごみ拾いも実施していました。そんな中、メンバーの一人の方にインタビューできました。

俺「このごみ拾いは今回から始めたんですか?」
アキバ21(以降ア)「いえ、あの事件から今までずっとやってきていたんですよ」
俺「そうなんですね。今回のホコ天再開で感じる事はありますか?」
ア「やはり街が活気づくのは嬉しいのですが、また治安が悪くなるのではないかと不安です」
俺「やっぱり安全に買い物を楽しんでほしいですよね?」
ア「そうですね、平和が一番です。しっかりルールを守っていただきたいです」

お忙しい中インタビューありがとう御座いました。

また別の方からも話をお伺いできました。この方もアキバ21のメンバーで巡回ではなく定位置に立って監視する人です。
俺「今のところ静かですよね」
ア「そうですね。このまま何もない事を祈ります」
俺「以前と比べると思うところはありますか?」
ア「以前のホコ天はゆるすぎたんですよ。別の街のホコ天なんてパフォーマンスとかそこまでしてないでしょ?」
俺「確かに。でもコスプレは許されているみたいですね。ちらほらいるみたいですが…」
ア「黙認している…いや、グレーすれすれなんじゃないでしょうかね。問題を起こしたら即アウトですけどね」
このまま何もない事を祈りたいですね。


○13:30
秋葉原無差別事件の現場に到着。一番ここに人が集中していた。そして報道陣もたくさんいました。

DSC_0044.jpg

事件の傷跡。
未だに被害者や遺族の方に深く心の傷を残している証でしょう。
容疑者の身勝手な理由により、純粋にアキバでの買い物を楽しんでいた人が殺されました。
この周辺には黙祷をする方、そして感傷に浸るように花を見つめる方がおり、重苦しく異様な空気で満たされていました。今回のホコ天再開を手放しで喜んでいる方は実は少ないのではと感じました。
ふと周囲を見渡すと、とある一人の男性を発見。

 
(当人には撮影及びブログへの掲載許可は頂いています)

純粋にホコ天復活を喜んでいる人もいるようです。
NHKさんのインタビューを受けており、表情を見る限りでも本当に嬉しそう。きっとこの方はこの後、買い物を楽しむことでしょうね。

さらにソフマップ周辺でノートパソコンを持ち歩いている方を発見。勇気を出して声を掛けると、ニコニコ生放送の生主さんでした!
DSC_0067.jpg

とてもいい方で、突然声を掛けたにも関わらずに優しく接してくれました。しかも生放送中に!
その節はお世話になりました。
しっかりした生主っていうのは行動力の他にも、懐の深さを兼ね備えているんだなって思いました。

そして周囲からやけに注目を浴びている2人組を発見。ズバット氏と共に突撃する。
結構レベルが高い女の子2人でした。そりゃ注目を浴びるわけだw
DSC_0066.jpg
※当人からはモザイク付きでブログ掲載許可を頂いております
モザイクがあることが惜しい……。
何かの縁という事もあり、彼女たちからもお話を聞く事に。
左の子を「A」、右の子を「B」とします。

俺「秋葉原はいつから来てるの?」
A&B「最近はよく来てますよ!」
ハキハキと答えてくれますね。おっちゃん嬉しいよ…
俺「今回ホコ天再開に関してはどう感じてる?」
A「嬉しいですよ」
B「私も嬉しい。歩きやすい!」
俺「ちなみに高校生?」
A&B「ううん、中学生!」
俺「そうなんだ! ここであった事件の事知ってる?」
A「何となくだけど知ってます。最悪ですよね」
B「私も。何で他人に怒りをぶつけたんだろう。超最悪」
俺「そうだね。今日アキバに来た目的は?」
A「AKBのグッズを見に来ました」
俺「AKBかぁ、2人とも好きなんだね。誰が好きなの?」
A「あっちゃん!」
B「まゆゆ!」
A&B「えぇぇぇ、ないない!」
俺「(二人同時で言って、尚且つお互い否定し合ってる…。しかし誰かがわからん;あっちゃん? まゆゆ?)えっと、じゃあホコ天に望む事は?」
A&B「一生やって欲しい!」
俺「そっか。ありがとうね。変な人には気をつけてね!」
A「大丈夫だよ、ありがとうございます!」

さっきからちらちら二人を見てるおっさんがいるから、気をつけて欲しいなぁ…。

続いて発見したのはこの自転車!
DSC_0053.jpg

DSC_0054.jpg
※当人からは許可を頂いて掲載しております。
痛自転車ですね!
キャラクターへの愛が感じられます。
ただし、今回の禁止事項で自転車走行は禁止なので、皆さん転がしておりました。
他にも止まっていましたよ、痛自転車。

 

シェリル・ノーム(マクロスF)キュアムーンライトお姉さま(ハートキャッチプリキュア)ですね!
もう愛情ですよね、ここまでくるとw
皆もう写真撮りまくり。それほど完成度高いですからね。
何処から来たかはわかりませんが、好きなキャラクターと共に疾走していたんでしょう!
羨ましいなぁw


○14:30頃
再び事件があった場所へ。
また花が添えられた場所を見ると、大きな変化が。
DSC_0064.jpg
鶴が折られて置いてありました。
よく見ると様々な広告の紙で折られており、恐らくその場で折ったのでしょう。
無関係である人の記憶にも深く刻まれた事件。そして被害者を痛む人々がこれだけいるという事でしょうね。
俺自身はというと、鶴の折り方を忘れていたので代わりに黙祷をしました。
実は俺もこの事件を近くで目撃していました。そして現代の人間を目の当たりにして怒りを覚えました。その話はまた機会があったら。

すると、とある方に声を掛けられる。
何とある雑誌の記者でした。
お互いの情報交換も兼ねてインタビューしたいとの事で、プロの方のインタビューが聞けるチャンスと思い快諾。
喫茶店に入って1時間近く話をしました。
俺は現在27歳なのですが、その世代は記者の方々の間では「サカキバラ世代」と言われるらしいです。
そう、あの酒鬼薔薇 聖斗です。
連続殺人・もしくは無差別殺人を起こしているのは大抵が俺達の世代。秋葉原の事件の犯人も俺と同い年。そういう事もあり、俺の生い立ち・ストレスを感じた事、キレた事はあるかという部分を聞かれました。
プロの記者というのは同じ世代の人から生い立ちを聞いて、そこから事件の真相を深く探っていくみたいです。しかもこの方は何故か話しやすく、嫌な気分は一切しませんでした。
他の方にもインタビューをしたみたいで、今の中高生は進学より就職に不安があるらしく、特に自分はコミュニケーション不足だと感じているようです。普通にハキハキ話しているにも関わらず。そういう世の中なんですね。
俺の話が役に立ったかはわかりませんでしたが、とても興味深く、また貴重な体験が出来ました。記者の方、ありがとうございました。

そして昼飯を食うタイミングを逃したので食べる事に。
DSC_0070.jpg
俺のお気に入り♪

DSC_0069.jpg
美味しそうでしょ?
お勧めなので是非来てみて下さい。

一旦休憩も兼ねてとらのあなでショッピング。
そして店の外に出ると、ドンキホーテ前で人だかり。
騒動の始まりである。

○16:26
ドンキホーテ前に異様な人だかりが出来ていたので覗いてみると、警察と当事者の怒鳴り声の応酬。
DSC_0071.jpg
赤丸で囲んでいる人物が問題を起こしている本人達。二人の間には警察官。
一人はコスプレをしており、恐らくバカテスかな?
右の男は警察官に対して罵声を浴びせる。
コスプレをしている男は片手にポケット全書(法律関連の本)を持って「本庁の人間を呼べ!」と大声で怒鳴っていました。
近くの人に聞いてみると、どうやら酒を飲んでいて出来上がっており、騒いでいたところを警察に見つかった模様。
野次馬の中には初老の観光客の方がおり、「コスプレっていうものを許しているからこういう事が起こるんだ!」と憤慨しておりました。
コスプレのせいではないと思うけど、こんな騒ぎを起こされちゃ誰だってそう思っちゃいますね…。
しかも報道陣が堂々と撮影しているし、コスプレに対しての悪い印象をさらに植え付けた感じですね。
ちなみに右の男は警官に補導されていきました。

その近くで、謎の人物が歩いていました。
個人的にお気に入り!
DSC_0068.jpg
無力王 Mr.BALLHEAD!
元ネタあるのか!? わからんw
どうやら喋れない設定らしく、俺と筆談してました。もちろん掲載許可を頂きました。
何か気に入ってしまったぞ、Mr.BALLHEADww
でもこの人とのインタビューはめんどくさそうだったので、別のレイヤーさんにインタビューしました。


DSC_0073.jpg
仮面ライダーWの主人公、左翔太郎のコスプレしている人との記念撮影。
左でフィリップ役をしているのが俺ですww

4人で行動しており、皆さんにインタビューしました。
俺「今回ホコ天復活した事についての感想は?」
レイヤーさん(いっぱいいたし同時に色々話していたので、一括しますw 以降レ)
「再開したのは嬉しいですよ。街が活性化するし、何より明るく感じる。でも手放しに喜べないです」
俺「じゃあその喜べない理由ってのは?」
レ「絶対以前のホコ天に戻るね。それにやっぱ殺伐としてるよねぇ。俺知り合いとかいるけど、喜んでるのって一部だけですよ」
俺「なるほど。このままずっとホコ天続くと思いますか?」
レ「まずないでしょう。絶対終わる。それに1ヶ月以内で酷い状態になるでしょうねぇ」
俺「そうですか…。じゃあホコ天が続く方法があるとするなら、どうすればいいと思いますか?」
レ「まずマスコミを完全シャットアウト! だって、本来はマスコミ禁止だったのに当日になってOKになったんだもん」
俺「えっ、そうなの!?」
レ「うん、おかげで目立ちたがりや映りたい人がやたらいていい迷惑だ」
俺「なるほどねぇ」
レ「後、さっきドンキ前で騒いでた連中は、以前エアガン乱射していたグループの一員だよ」
俺「えっ、マジで!?」
レ「うん。あいつらが消えない限り、ホコ天は平和にならないでしょうなぁ」

貴重な情報をありがとうございました。
そして記念撮影もありがとう御座いました!

こうしてホコ天初日の幕は17:00ちょうどで終了。
それぞれ期待と不安を抱えたまま、来週の日曜日を迎える事になります。


色々な方にインタビューして思ったのが、やはり治安が悪くなることを懸念していました。
無差別事件もそうですが、一番恐れているのが度が過ぎたパフォーマンスを行う輩が出てこないかという事。
今回警察はコスプレ自体は黙認していたのですが、ちょっと止まっているとパフォーマンス行為として注意する対象にしているとか。
それだけコスプレは秋葉原のホコ天では悪い印象があるという事。
我々オタクやコスプレイヤーに貼られてしまったレッテルは、今後の我々の行動によって払拭できるかどうかが決まります。
どうか、節度やルールを守ってホコ天を楽しんでください。
そして、ごみは路上に捨てないこと。


以上、ホコ天レポートでした。

posted by 須永 遊 at 23:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

【東京都青少年健全育成条例改正問題】について物申す

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101213k0000e040060000c.html?inb=yt

13日に可決されてしまいましたね、この改正案。
俺としては性的描写を制限するのはいいと思っています。
昔からアニメや漫画を見ている人間としては、今のって結構やりすぎだし狙いすぎだと思っているからです。
ストレートに言うならば、無意味なパンチラや乳揺ればっかりで内容が薄いのが多いので、最近のアニメから遠ざかっています。
そういう部分を縛って、昔みたいに純粋に誰でも楽しめるようなアニメが増えるのであればいいなと感じるんです。




…が。




流石に今回の改正案は突っ込みどころが多すぎて、良作と言える漫画やアニメも潰しかねないものになります。
今回は実際の条文を提示した上で、何処が問題なのかってのを指摘していこうと思います。
mixiとか見てると、「萌えを取られたら生きていけないから陳情書を書く!」なんて、論理を完全に捨てて欲望丸出しの人がちらほらいるので、
どういうものなのかをこのブログを見て、少しでも冷静に且つ理解を深めてくれればなって考えています。


<条文(第七条より抜粋)>---------------------------
第七条 
図書類の発行、販売又は貸付けを業とする者並びに映画等を主催する者及び興行場興行場法(昭和二十三年法律 第百三十七号)第一条の興行場をいう。以下同じ。を経営する者は、
図書類又は映画等の内容が、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、相互に協力し、緊密な連絡の下に、当該図書類又は映画等を青少年に販売し、頒布し、若しくは貸し付け、又は観覧させないように努めなければならない。


一 青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの(※1)

二 漫画、アニメーションその他の画像実写を除く(※2)。で、刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為を、不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの(※3)

----------------------------------------------------



まぁ読んでみて、思いついた疑問点を挙げてみます。
とりあえずこの改正案は、上の一と二に該当したら成人本としてみなすよ。ただし実写と小説は含まれないからねというもの。
今回の改正案で追加されたのが、一と二。
さて、突っ込んでいきましょう。


(1)
まず一と二をじっくり読んでください。
明らかに二がいらないんですよ。
だって、一は性的感情を刺激せず、残虐性を助長せず、自殺若しくは犯罪を誘発しない表現をすればいいだけなんです。
二を追加する事自体意味がないんです。
二は性行為の部分を触れています。つまり一に該当する性的感情って部分に含まれているんです。
だから二はいらない。
…上手く説明できてるかしらorz

(2)
上記(1)をなしとした場合の疑問点です。
上記条文※1
部分なのですが、あまりにも曖昧な表現をされていると思いませんか?
これは様々な解釈が出来てしまうんです。
特に犯罪を誘発するものって部分が一番危険な気がします。
国民的人気アニメであるONE PIECE。これも拡大解釈すると、未成年が違法である海賊やっちゃってます。
これまたジャンプからの例でBLEACH高校生が刀で斬ったり斬られたり…。
そう、曖昧だからこそ拡大解釈が出来てしまう。それによって条例違反→逮捕って形に繋がってしまうんです。
どうなるんでしょうね、こういうの。

(3)
上記条文※2はひどいですね。
あからさまにアニメ・漫画のみを対象とした条例なんですね。
ちなみに画像とかアニメーションとなっているので、小説も含まれません。
含んじゃったら、石原都知事の執筆した本も対象になっちゃいますからね。
なるほど、自分を擁護するための二か!
……政治って主観的にやるものなんだっけかな。

(4)
一番ツッコミ所が多いのが、上記条文※3ですね。
第一に、「
刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為」ですが、この書き方だと滅茶苦茶刑罰に触れるのが多いんです。
わいせつ罪、淫行条例、売春防止法、児童福祉法違反etcが自動的についてやってきます。
この「性交類似行為」ってのは何に当たるか?
これも微妙ですが、俺が思いつく限りだと…キス、裸での抱き合い、身体に触れる(胸やお尻)、下手すると手を繋ぐが該当するんじゃないでしょうか。
何で手を繋ぐのもそれに含まれるかというと、女性の立場で考えてみてください。一切気がない男性からいきなり手を繋がれたらどう思います? 大半の女性はセクハラと認識するんじゃないでしょうか。
っていう解釈ができるので、手を繋ぐも「性交類似行為」に該当しちゃうのではないでしょうか。まぁこれは流石に俺の過大解釈でしょうがw
ただし、キスとか裸での抱き合いは、条文一にある「性的感情を刺激する」って部分に触れてしまうんです。
キス表現が無理ってなると、少女漫画は全滅しかねない。恋愛漫画全般が18禁本棚へ直行ですね。

次に「近親者間における〜」という部分は、神話のコミカライズが出来なくなるし、あからさまに表現の自由を狭めるものとなります。
神話を読むと、意外と多いのは近親者で子供を作ったりとかする話。
神話を忠実にコミカライズしたのに、18禁本棚に置かれてしまう。となると一部の人間しか買ってくれなくなって売れ行きも悪くなる。
後ドラマでよく見かけるシチュエーションで、「本気で好きになった人は血が繋がっている家族だった」っていうもの。
苦悩する部分が視聴者・読者に感情移入をさせるのに、それも18禁本棚へ。
あっ、ママレード・ボーイが18禁になるんですね……ある意味少女に読ませるもんじゃないからなぁ…って納得してしまう俺でした;

まだまだあるぞ!
刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為」という部分。刑罰を考えると18歳以上(高校生を除く)はOKなんですよねぇ。もちろん売春以外はね。でも一に抵触しちゃうんですけど、今は二の突っ込みなので一旦それは無視してくださいw
じゃぁ、キャラクター設定で年齢を明かしてなかった場合、どうやってキャラクターの年齢を判断するんですか?
となると出てくるのが…非実在青少年規制という、通らなかった規制が登場します。
この規制はなかなかやっかいで、
18歳未満に見えるキャラクターに性交若しくは性交類似行為をさせたら刑罰よ」というもの。
あまりにも曖昧な書き方をしているので、通らなかった規制がひょっこり登場しちゃってるんです。
こういう形でこいつを出すとは…暖めすぎだろ東京都!

ラストにこいつ!
不当に賛美し又は誇張するように」という文面なんですが……

漫画は全て誇張表現で成り立っているわ!!!
 
全ての漫画が18禁本棚かよ…。




長くなってしまいましたが、少しはご理解いただけたでしょうか?
好き勝手ツッコンでるだけで、読んでくださってる方に理解してもらえてるか不安です。
しかし、素人目からしてもこんだけ突っ込まれてしまう改正案。
そしてかなり強行且つ急ピッチで可決しようとしている東京都。

「そんな改正案で大丈夫か?」と聞かれたら、
問題ありすぎだ、クソ野郎!!
と叫んじゃいそうです。

この改正案、15日の本会議で可決されてしまうと見事成立となってしまいます。
面白い漫画まで排除されそうになっているこの改正案。
陳情書なりを出して、国民なりの足掻きをしてみてはどうでしょう?
俺は出さずに静観する予定ですけど…。

改正案の行方、このブログでも追っていこうと思います。
何か質問などがございましたら是非コメントしてください。素人ながらにご返答させていただきたいと思っていますので。
posted by 須永 遊 at 02:12| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

僕らのヲタライフはいつまで続く?

今、政治家さん…特にトップにいる人達の発言がおかしいですよね。
「自衛隊は暴力装置」だのなんだの…。
言っている事は大体合っているんですが、言う場所を間違えているんですよね。
おおっぴらに言うんじゃなくて、影で言うべき台詞でしょうに。

さて、今の日本はヲタ文化に対して過剰なまでに反応を見せていますね。もちろん悪い意味でね。
確かに俺達が求めるものはだんだんレベルが高くなり、一般人には受け入れられない所まで達してしまったってのはあるかもしれません。
例えばパンチラしかり、Nice Boatやらひぐらしやら…。
『皆が楽しめるアニメ』ではなく、『ヲタだけが楽しめる閉鎖的アニメ』ってのが増えてるんじゃないでしょうか。
故に糾弾され、次々と規制を掛けていく。
でも穴があるから制作サイドは穴を潜ってはまたアニメを作っていく。
いたちごっこですよね。

正直俺達オタクにも悪い部分はあります。
例を挙げるとするなら、
・人目を気にせず騒いだりする
・フーリガンみたいなファンが増えてきた
・アニメに速報等が入っただけで苦情を言う
って感じですかね。
どう考えても好印象を与える行動ではないですよね。
アニメとかゲームが好きなのは良い事です。でも行き過ぎるとそれはどんな事柄においても悪いです。
そろそろ全員がそれを理解し、しっかりとマナーを身に付ける必要があるんじゃないでしょうか?
でも、皆が皆そうではないってのはわかっています。しかしあまりにもマナーが悪い人が多すぎるので…;


まぁ、マナー云々の前に国の政治方針が色々ぶれているせいか、いつかは日本という国はなくなるかもしれないですね。
お隣の大国さんに日本を売るような態度ばかりを取っている日本の政治家。
国民もだまっちゃいないのに…。
もし日本が消えてなくなったら、こうやってヲタライフは続けられないでしょうね。
俺はもっと漫画やアニメ・ゲームを楽しみたい!
俺だけでは何も出来ないですが、少しでも情報を集める為にアンテナを張り続ける事にします。


民主はだめだめだね(ぼそり
posted by 須永 遊 at 02:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。