2011年01月16日

01/16 VOCALOID M@STERイベントレポート

お久しぶりです。
年始もしょっぱなから仕事の嵐で気が滅入りそうです…。
MHP3で言うなら、もう滅気攻撃やられまくってスタミナ切らされたようなものです。
報告は遅れましたが、モンハン難民は逃れる事に成功しました! いやぁ、助かったw
まだ下位で武器を揃えるためにひたすら頑張っております。
気長に行きましょう。

さて、長い前置きはさておいて、早速今日のボーマスレポートをさせて頂きます。


今回のボーマスは、この寒波もあって待つには非常に酷な状況でした。
さらに重ねて、今回はフリー入場がないとの事でした。俺は事前に調べていなかったので、知ったのは会場ででした(調べない俺が悪いのかも…)。
「フリーあるだろ!」と踏んでいた俺はカタログを持たずに行くと、カタログなし列がずらり…。
そして最後尾看板を見ると、以下のメッセージ。

『カタログ販売は13:00を予定しています。なくなったらごめんなさい…』

到着したのは10:30。何処かで時間をつぶすという選択肢があったけど、この文面だと在庫があるかどうかも危うい…。
止むを得ず列に並んで待つ事に。しかし、この待つ時間は本当に辛かった。
最初の30分は耐えられたけど、そのうち全身が震えだす。尚且つビル影だし風が突き刺すような冷たさ。最初はモンハンできたけど、もう無理でした。
1時間経過すると、流石に耐えられない人が出てきたみたいで諦めて帰っていく人が出始める。
俺も帰ろうかと思ったけど、相方が頑張ってサークル活動をしているので一目見たい、その一心で耐え抜く決意をする。この寒さなのだから、販売予定時間を早めてくれるはず! そんな事を期待しつつ寒さに耐える。

12:15頃、列は動いて後100mで会場というところまで移動する。きっとスタッフが冷たい風から守ろうと配慮してくれたのだろう。
だが、これが更なる苦行。
日が全く当たらないから逆に寒い。寒すぎる。後45分も耐え抜かなきゃいけないのかと思うと心が折れそう。
そこである出来事が…。

すでに前売り組で入って用事を済ませたであろう5人組女子に、とある男が声をかける。
「ねぇねぇ、そのカタログ譲ってくれない?」
「え? …あっ、はい」
「ありがとう、ありがとうね!」
何処から沸いたかわからないが男が颯爽と現れ、颯爽とカタログをゲットし、颯爽と会場に向かっていく。
…おぃおぃ。
しかも渡した女子は「あの人格好良かったよね!」みたいな事を言っている。
これが流行の銀河美少年かぁ…。ちくしょう羨ましい……じゃない、それはやっちゃあかんだろうに。
とまぁちょっと殺意が沸く中、ひたすら待ち続ける。

そして待望の販売時間短縮!
……10分だけね。

…あぁ、会場の中はあったかいなぁ…。浄化されていくよ…っと、一通り回りましょう!
でも、会場広い割には結構すっかすかな感じがある。
特に入り口付近なんてホワイトボードが置いてあるだけで人だけしかいない空間がある。入り口から見て右手は恐らくCD・DVDメイン(恐らく有名Pスペースかな?)。そして左手が同人誌スペースとなっているのだろうか。広めの会場だからスペース間を広めに取ってるのだろうけど、来場客がいてもサークルが何か少ない感じが否めない。特に入り口。
同人誌スペースに相方がいるので、真っ先に向かって挨拶。今回はお友達と参加していたので、その友達にも挨拶。
そして全部を一通り回るが、右手のCD・DVDスペースがなんかすっごく寂しい。寂しすぎる。同人誌スペースよりも人が少ない。
3時間弱待って、会場にいたのは30分未満でした。


3回目の一般参加でしたが、今回のはちょっと不満だらけでした。
前回のボーマスでフリー入場がとんでもない事になったからフリーは止めたのでしょうが、それでもカタログ在庫は当日までわからないってのは、前売りを止むを得ず買えなかった人を置いてけぼりにしている気がします。尚且つ酷い寒波にも関わらずずっと待たせている事。コミケでも開場したら全員カタログあろうがなかろうが入れるようにしているのに、それより規模が小さいイベントがこれってのはいかがなものかと。やるなら春辺りにやってよorz
会場は恐らく収納人数を見越しての広さなんだろうけど、それに見合ってなかった気がします。ならカタログなし参加者をあんなに待たせる必要はないんじゃないかなぁ。

とりあえず、一言でまとめるなら……

今回は前売り購入者メインのイベントって感じがしましたって所かな。

前売り販売大いに結構。
でも、買えなかった人のための対処をもうちょっと考えてくれないでしょうか。
イベントはやっぱり全員で楽しまないといけませんから。


ラベル:ボーマス VOCALOID
posted by 須永 遊 at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

アソビッチ展に行ってきました

お久しぶりです。
随分前のレポートになっちゃいますけど、12/5までやっていたアソビッチ展に行ってきました。
正直ウサビッチって名前だけで全然知らなかったんですが、相方が好きってのもあり、前々から興味がありました。
結果はものの見事にはまってしまったわけですがw
ですので、今回は写真を含めたレポートをさせて頂きます。

池袋で行われたアソビッチ展。
そこまで大きくはなかったのですが、中身はぎっしりでした。
恐らく、これがseason1の実寸台監獄なんでしょうね。

center

意外と狭かったんだなw
トイレがすっごく小さいしね!
でもこの二人はあまり気にしてなさそうですねw




そしてseason2で脱獄したキレネンコとプーチンを追いかけてくるこいつら。
後ろは戦車ですね。

center

この二人の方が犯罪者っぽい顔してるよなぁw
特に右。目がエロイ!



さらには亀甲縛りのコマネチがぶら下がっていました。
あまり嬉しくない亀甲縛りは初めてw
center




個人的にヒットだったのが、下の画像。
BGMとして、プーチンの「はっ!」と驚いている声がループしてました。
center




そして出口の近くにあったクイズ。
それに正解すると中に入れて、キレネンコが欲しがっていたシューズが飾ってありました。
その隣にはアソビッチ展限定の携帯用壁紙がダウンロードできるというものです。
相方は詳しいので一発クリア。
俺もありがたくダウンロードさせていただきました。


本当に楽しいイベントでした。
俺もDVDとか買ってウサビッチ見たいくらいですよ。
まぁ給料出たら買うんですけどw
posted by 須永 遊 at 09:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

11/14 VOCALOID M@STERイベントレポート

行ってまいりました、ボーマス!
他にもイベント参加された方々、お疲れ様でした。
今回俺は売り子として、サークル参加として入場しました。

今回のイベントはサークルが300以上!
会場も300以上のサークルが入るよう、サンシャイン展示場の3Fフロアを全て使ったそうです。確かに、今までのボーマスの中では最大級の広さですね。

・AM10:00
サークル参加入場開始。自分のサークル位置に着くやいなや、一斉に準備を開始。
そして忘れてはいけないのはお隣さんへの挨拶。これはマナーですね。
しかし、左隣のサークルさんは来ていませんでした。残念;

・AM11:15
一般参加(前売りカタログ購入者対象)入場。ただし、販売は11:30から。
あまりの人数の多さに、11:30入場だったのを15分も早める。
そして入場が開始されると皆一斉に目当て(といっても大体が有名Pの場所)の場所に走る!
走る行為は禁止ですよ。そろそろ守りましょうよ;
俺はそこまで買うもの…というか、売り子を楽しむ為に来たので買うものも特に無く、黙々と準備。

・AM11:30
アナウンスの「ボーマス開催です!」の掛け声と共に鳴り響く拍手。
さぁ、戦争の開始!
その間、俺はとある有名Pの返品騒動をちらっちらと注目(だって、位置が結構近かったしw)。
返品を求める一般参加者はいなかったようです。
皆は壁サークルに群がっており、弱小サークルである我々の場所には誰も来ない。
勢いが全然違いますね。たまに黄色い女性の声が聞こえる…。有名P、恐るべし。

・PM12:30頃
ようやく皆がお目当ての物を買い、賢者タイムに移行。
落ち着いているのか、一つ一つのサークルを吟味する余裕は出てきた模様。
我々のサークルも既刊・新刊共に売れ始める。
売り子である俺も、描いたのは相方だけど売れる事に心から喜びを感じる。
こういう「自分が作ったものが認められた」と実感できるイベントは本当素晴らしいです。
ちなみに、返品騒動には動きなし。
まだ誰も来ていない様子。もしかしたら来ていたのかもしれないけど、見た感じだと返品目的で訪れた参加者は見かけていない。
何かから回ってる感が否めない;

・PM14:00
我々のサークルの同人誌が半分を切る。弱小でしかも宣伝などをしてないにも関わらず。
相方の絵が形として認められている証明なのだろう。
それに相方の名刺を皆貰っていっている。大きな前進だ。お手伝いながらの俺も本当に嬉しい。

この時間帯にてフリー入場(前売りカタログ買えなかった人が無料で入れる時間帯)なのだが、
あまりの人の多さに約30分遅れて入場。その人数、絶対前売り入場の人数より多い;
午前中以上にごった返す人。そしてまた我々のサークルに閑古鳥が泣く。皆壁サークルに群がっている。
こういう時に弱小なんだなって思い知らされるのでした。
そしてあまりの人数に配慮してか、15:00で終わるイベントを30分延長との運営側からのアナウンス。
フリー入場の皆は声を出して喜ぶ人もいる。そりゃ嬉しいよね^^
返品騒動に関しては、動きが見られない。誰も着ていない様子。
あんだけ騒がれておきながら全く返品を望む人が来ない……。
それはそれで悲しいよね;

・PM15:30
ボーマス、無事に終了。
拍手が会場に鳴り響いているものの一般参加者の興奮は冷め止まない様子で、一向に帰ろうとしない。
それを尻目に撤収作業をいそいそと行うサークル参加者。
…戦いは終わったのです。
売り上げの成果としては、印刷代や経費の元は取れた感じらしい。
一番嬉しいのはきっと相方なんでしょうね。お疲れ様、相方^^
そして、返品騒動の最終動向は…あれ、手ぶら? 手ぶらだよね…。
つまり、誰も来なかったのか!

…悲しいなぁ


何かしら問題があるであろう部分にも全く問題なく、平和に閉幕したボーマス。
相方も憑き物が取れたかのようにスッキリとした顔になっている。
俺も一安心。
本当にあっという間に終わったイベントでした。

レポートとしてはこんな感じです。
イベントの雰囲気は最低限伝えられたんじゃないでしょうか。
皆さんお疲れ様でした!!
ラベル:ボーマス VOCALOID
posted by 須永 遊 at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。