2010年11月12日

自己紹介

時事ネタやレビューをやる前に、私めの自己紹介をしたいと思います。

まず、簡潔に説明すると……

5割はオタクで出来ていて、残り5割はエロで詰まっています

エロじゃない人間はなんぞやww


もっと詳細に自己紹介をさせて頂きます。



俺はファミコンが発売された次の日に生を受けました。
その日に産まれた時点でゲーオタになる事は確定していたのかもしれません。

基本的に覚えが悪く、もう少しで1歳になるという所まで立って歩かなかったし喋らなかったらしいです。
親も流石に障害持ちなのでは?と心配していたら、いつの間にか…さも当たり前のように立って歩き喋っていたようです。
親が初めて聞いた俺の言葉が

お腹すいた

との事。
救いようがありません。


幼稚園に入る時に運命的な出会いをします。
そう、ファミコンです。
俺は与えられたファミコンを早速起動してプレイを始めます。
初めてやったゲームは、燃えろプロ野球でした。幼稚園児がやるものではないですね。
でも、ソフトが3本あった中で残りは水戸黄門とトランスフォーマー・コンボイの謎です。そりゃまだわかる野球ソフトを手に取るに決まってます。
俺は両親の影響で巨人が大好きでしたので、ひたすら巨人を使い、「くろまて(絶対に元ネタはクロマティですw)」を4番として起用してました。

プレイ中に両親から「おまえのお兄さんだよ」的な事を言われたので、マジに取った俺は…

俺「ファミコンは僕のお兄さんなんだね! お兄さん、何か喋って!」

ファミコン「カキーン!(ボールを打った音) ぷぅぅぅぅぅぅぅううううん(打った球が浮き上がる音) …ワァァァァァァ!(ホームランで湧き上がるしょぼい観客の声)」

俺とファミコンの初の対話でした。

それからゲームにはまり、今を合わせて軽く1000本はゲームをプレイしたと思います。
ちなみに初めてやったRPGはウィザードリィです

また、父は映画オタク、母は少女漫画好きなので、両親の趣味を仲良く受け継いでいます。
初めて見た映画はフルメタル・ジャケットという相当ヘヴィな戦争映画。
まだ子供の俺にそんなものを見せるなよwwww
最初は怖くてビービー泣いていましたが、映画のすごさに引き込まれて、小学生から自分でレンタルショップに脚を運んでは渋い映画ばっかり借りていました。映画の話は大人じゃないと合わない位です。
母親が持っていた少女漫画を読んでいたので、今でも抵抗なく少女漫画を読んだりします。

専門学校卒業までは己の趣味に全力を注いでいたので全く彼女は出来ませんでした。
そんな俺も初めて彼女が出来たのは21歳の頃。
付き合いって大人の階段を登ったことにより、今まで出来なかった下ネタ話も気にせず出来るようになっちゃいました。
純白が穢れてのかもしれませんw



○最近はまっていること
今の相方さんの影響で、VOCALOIDにはまっております。
ボカロ曲で気に入った曲を探すのが楽しみになっています。
11/14開催のボーマスにサークル側として参加するのですが、注目しているのがとある有名Pの返金問題です。
この件は次の日記で思っている事をストレートに書こうと思っていますが、どうなるか気になります。


とまぁ、こんな感じです。
私めの事が少しわかっていただけたかと思います。
もっと記事を豊富にしていきたいと思っているので、是非とも目を通していただけたら幸いです。

これから宜しくお願いします。


ラベル:自己紹介
posted by 須永 遊 at 00:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。