2011年09月02日

ニコ道楽事件は、リスナーによる荒らし行為?

8月31日、東京渋谷にあるライブハウス「チェルシーホテル」で「水曜日は無料ライブの日」〜ニコ道楽vol.1.5〜が開催されました。
その際、ガソリンらしき液体を会場内で撒き散らす騒ぎがあったのです。しかし引火させる前に犯人が捕まった為、大事に至りませんでした。
犯人の名前は、無職・島野悟志容疑者(23)。殺人未遂および現住建造物等放火未遂容疑で逮捕されたそうです。

彼は「たくさんの人を焼き殺そうと思った」と供述しており、無差別な犯行だったとの事。
しかし、島野容疑者は実は前科持ち。
今から6年前、彼が17歳の時に「ハンマー事件」と呼ばれる事件を起こしていた。
内容は、大阪で当時4歳の子供の頭めがけて鉄製ハンマーを振りおろし、頭部を骨折させた。殺人未遂罪で逮捕されています。
その際の供述が「老人以外を殺してみたいと思ったから」だそうで、今回と似たような供述をしています。

さて、ネットでこのニコ道楽事件を見ていると、面白い記事を書いている人がいました。
今回の事件については、島野容疑者を生放送・もしくは歌い手のリスナーとしており、リスナー自体を問題視するべきと説いていました。
しかし、前述でニコ生主が煽ってリスナーを操作して、荒らし行為で他の生主を脅す例を挙げており、直接的に文章で表現をしていないものの、ニコ生主から操作をされているようなニュアンスにも読み取れる。

しかし上記記事はあくまで憶測。現段階では島野容疑者は無差別的犯行を供述している為、リスナーだったのかもわからないしどうやってニコ道楽を知ったのか、その経緯も判明していません。
仮に、島野容疑者がニコ生主に操作されて犯行に及んだとするならば、ニコニコ生放送界隈の存在が危ういのではないか、そう感じます。



posted by 須永 遊 at 11:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット騒動等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。