2011年04月30日

エルシャダイにどっぷりはまっているが大丈夫か?

大丈夫だ、問題ない。
どうも、楽しい連休をお過ごしでしょうか?
俺は、もうエルシャダイにどっぷりです!

正式タイトルは、「El Shaddai -ASCENSION OF THE METATRON(エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン」で、意味は「全能の神 -メタトロンの昇天-」という意味らしいです。エルシャダイの部分はヘブライ語だとか。

http://www.youtube.com/watch?v=PAIfIFV9A4E

ネットではこの動画が流れると、速攻で数多くのMAD作品が出来たりなど大フィーバー。
CMで言う通り、「発売前から話題作」は本当に合っている為笑える。

ストーリーとしては聖書を元にしており、ルシフェルやメタトロンと思われる主人公イーノック、そして敵にはアザセル等ゲームを好んでやっている人なら何処かで聞いた事ある名前が出てくると思う。特に女神転生やってる人はねw
世界観も本当に魅力的で、不可思議で神秘的な世界を美しいグラフィックで表現している。
イーノックはほとんど喋らず、序盤から終盤まで「大丈夫だ、問題ない」「一番いいのを頼む」「戦闘時の攻撃する際の掛け声」と寡黙もいいところの人物。代わりに周りの人物(主にルシフェル)がたくさん喋ってくれる。ルシフェル好きにはたまらないかもw

戦闘としては非常に入力するボタンの数が少ない。それにテクニカルな操作も必要ないので、アクションが苦手な人にも入りやすいシステムになっている。俺もそこまでアクションは得意ではないのだが、すんなり思い通りの操作ができるようになった。
しかし敵の強さはなかなかで、簡単な操作ながらもしっかり立ち回らないとあっという間のゲームオーバーである。
武器は「素手」、剣的な武器「アーチ」、ナックル状で防御時には綺麗な円状に形態を変える「ベイル」、そしてスレイブと呼ばれる複数の刃を飛ばして遠距離攻撃を行う「ガーレ(ガンダム00の『ファング』に非常に似ている)」の4種類で攻撃可能。
敵によって弱点武器があるので、しっかり見極める必要があり、戦闘はなかなか奥が深い。純粋なプレイヤーのテクニックも試されるでしょう。

俺のもう一つの感想としては、イーノックの脱衣ゲームかもww
彼が装備している白い鎧がライフであり、鎧がすべて剥げて上半身裸の状態が「瀕死」。瀕死状態でダメージを受けるとゲームオーバーである。イーノック萌えの方にはたまらないサービスショットだw

ストーリーも楽しく、紹介したいけどネタバレは嫌だから買ってください!
そして皆で叫ぼう、「大丈夫だ、問題ない」!

お勧め度:90/100点


posted by 須永 遊 at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。