2011年02月27日

ネットのあり方について考えてみる

前回の記事では最多のアクセス数とコメントを頂きました。本当に有難う御座います。
正直荒れるのも覚悟でやったのですが、貴重なご意見をコメントしていただいたので嬉しく思います。

というわけで、俺自身もネット世界をフルに活用している人間として、この場を借りて反面教師とすべく色々綴ってみたいと思います。

2週間前か3週間前でしょうか…。
J-WAVEというFMラジオ局(東京・神奈川間メイン)があります。そこで平日夜8時から行っている「ジャム・ザ・ワールド」という、主に経済や時事ネタを取り扱ったクソ真面目な番組があります。
その番組内でちょうどtwitterでの事を取り扱っておりまして、ネット社会に詳しい評論家をゲストに色々語っていました。
その時はちょうど『ホテルの従業員が芸能人の密会や宿泊状況をtwitterでリークしていた』という、個人情報を全く無視した呟きを行っていたという事で取り上げられていました。程度によっては法で裁かれるみたいですねぇ。

それに最近だと声優で平野綾さんがtwitterで悪い意味で大暴れしています。
俺は演技している彼女は好きですが、別にファンというわけでもないのでそこまで意識はしていませんでした。
でも調べてみると、たくさんのファンを抱えている有名人が発言してはいけない事ばかり言ってるんですよね。そしてファンが大激怒。

さらに、ずいぶん前になってしまいますがとあるドラマ(…タイトル忘れました)の第一話。
twitterで男女が知り合うって出だしのおかげで、どう考えても勘違いしている人達が一気にtwitterに登録したって話もありました。
彼らは特に機能を熟知することなく、片っ端から女性若しくは男性をフォローし、肉食系と言わんばかりのアプローチをかけたそうです。一時期は何処かの週刊誌でも『出会い系より出会えるtwitter!!』なんて紹介されて、ネットナンパ師と呼ばれる人達も蔓延ってしまった始末。こういう人達に限ってネットマナーやルールを理解していなくて周りに迷惑をかけていたりします。


そんなこんなでtwitterは避けていたのですが、相方がやっていたのでとりあえずやっているという感じです。
しかし深く探ってみると、皆色々曝け出しているんですよ。この広いように思えて実は狭い箱庭で。
きっと開放感からなのかもしれないですが、そのせいで上記のような事となって事態はかなり大きくなる。
そして拡散する速度に関しては前回の記事を見ていただければわかりますが、あっという間。
それだけ誰もが気軽に見れてしまいます。

ではmixiといったSNS、そして気軽につぶやけるtwitterはどういう風にやっていけばいいのか?
まずmixiでの場合ですが、俺の結論は、現実でもしっかり人間関係を築けていればネットでのトラブルは少ないですかね。
よくネットとリアルを区別しているという人がいます。それは良い対処法だと思います。でもその分人間関係が非常に浅くなります。例えば「全然日記見てくれないから切っちゃおう」とか。よくmixiで「マイミク整理しますね」とか言っている人がいますが、俺はあれがどうも脅しにしか聞こえないんですよね。よくそう簡単に縁を切る事できるなって思ったりもします。
じゃあ現実と同じようにネットでも接したらどうなのだろうか?
俺はよくネットで知り合った人と直接会っても、イメージが変わらないって言われます。
ネットでも素の俺を出しているので、直接会っても違和感なくすんなり仲良くなる事が出来ました。現にmixiで知り合ってすでに5年の付き合いがある大切な友人も出来ました。
つまりは、ネットと現実…違うように見えても根っこは同じなんです。コミュニケーションってのは。

twitterではどうしているかというと、なるべく「今ここのどこどこにいるよ」とか現在地が特定されそうな発言は控えています。後は「他人の事ではなく、しっかり自分の事をつぶやく(もちろん控えめに言葉を選んで)」事ですかね。
何処かで聞いた話なんですが、「今ここにいるの」とつぶやいた女性が、知らない人から「ねぇ、○○だよね?」と声を掛けられた事があるそうです。本当かどうかは知りませんが…。でもあってもおかしくない事例じゃないですかね。だから現在地がわかるようなつぶやきはしません。
他人の事は控えるのは、芸能人の目撃情報だったりとかではなく自分の事を言う。芸能人の事を言うと結構なトラブルに巻き込まれそうですし、それに関して発言しても荒れてしまうケースがあります。ならば些細なことでもいいので、「今仕事終わった〜ぁ、帰ったら寝るぞ!」という他愛もない発言でいいんじゃないでしょうか。大体フォローしている人は「この人はどういう人でどういう事をしている人なんだろう」と興味を抱いてフォローするわけですから、その程度でいいと思います。別にtwitterで有名になろうとも考えていませんしw
もちろん言葉を選んで、ですよ? 言葉を選ばなければ前回の記事の内容みたいな問題になっちゃいますから。


気軽につぶやけるtwitter、そして気軽に日記が書けて尚且つ知り合いが作りやすいmixi。
双方とも物凄い魅力・ビジネス面からの利点もありますが、裏をひっくり返してみると様々な罠や危険があります。
それを回避するにはどうすればいいのか。それは常に情報を集めて反面教師にするべきなのではないでしょうか。
俺は自分自身への反面教師の意味もあり、尚且つ他の人にも反面教師にしてほしいという意味も込めてこのブログをやっています。
どうか一度ネット世界をしっかり見直してみてください。
今なら気付けるかもしれませんよ、自分の足元にある致命傷必須の罠に…。


posted by 須永 遊 at 17:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。