2011年01月23日

1/23 秋葉原歩行者天国再開 レポート

本日1/23の13:00より、約半年間日曜日限定で秋葉原歩行者天国(以降ホコ天)が復活しました。
俺も足を運んで終了の17:00までのホコ天の様子をお伝えしようと思います。
今回はクソ長いので注意をw

○13:00
秋葉原に到着。すでにホコ天開始。
    

以前のホコ天の活気がそのまま戻ってきた気がします。
ただし、前と違う所はパトロールが常に巡回している事。しかも警察と連携を取って。



この上のサムネイルの人達は、地域連携部会「アキバ21」の皆さん。町会や商店街の皆さんで組織された会です。
その人達がプレートを持って主にホコ天を回り続けていました。
そのプレートの内容は、今回の禁止事項。

DSC_0039.jpg

以前のホコ天で問題になっていたパフォーマンス行為と路上販売に加えて、自転車走行も禁止されていました。まぁ人がたくさんいる中で自転車走らされてもいい迷惑ですね。

DSC_0065.jpg

そしてアキバ21の皆さんはごみ拾いも実施していました。そんな中、メンバーの一人の方にインタビューできました。

俺「このごみ拾いは今回から始めたんですか?」
アキバ21(以降ア)「いえ、あの事件から今までずっとやってきていたんですよ」
俺「そうなんですね。今回のホコ天再開で感じる事はありますか?」
ア「やはり街が活気づくのは嬉しいのですが、また治安が悪くなるのではないかと不安です」
俺「やっぱり安全に買い物を楽しんでほしいですよね?」
ア「そうですね、平和が一番です。しっかりルールを守っていただきたいです」

お忙しい中インタビューありがとう御座いました。

また別の方からも話をお伺いできました。この方もアキバ21のメンバーで巡回ではなく定位置に立って監視する人です。
俺「今のところ静かですよね」
ア「そうですね。このまま何もない事を祈ります」
俺「以前と比べると思うところはありますか?」
ア「以前のホコ天はゆるすぎたんですよ。別の街のホコ天なんてパフォーマンスとかそこまでしてないでしょ?」
俺「確かに。でもコスプレは許されているみたいですね。ちらほらいるみたいですが…」
ア「黙認している…いや、グレーすれすれなんじゃないでしょうかね。問題を起こしたら即アウトですけどね」
このまま何もない事を祈りたいですね。


○13:30
秋葉原無差別事件の現場に到着。一番ここに人が集中していた。そして報道陣もたくさんいました。

DSC_0044.jpg

事件の傷跡。
未だに被害者や遺族の方に深く心の傷を残している証でしょう。
容疑者の身勝手な理由により、純粋にアキバでの買い物を楽しんでいた人が殺されました。
この周辺には黙祷をする方、そして感傷に浸るように花を見つめる方がおり、重苦しく異様な空気で満たされていました。今回のホコ天再開を手放しで喜んでいる方は実は少ないのではと感じました。
ふと周囲を見渡すと、とある一人の男性を発見。

 
(当人には撮影及びブログへの掲載許可は頂いています)

純粋にホコ天復活を喜んでいる人もいるようです。
NHKさんのインタビューを受けており、表情を見る限りでも本当に嬉しそう。きっとこの方はこの後、買い物を楽しむことでしょうね。

さらにソフマップ周辺でノートパソコンを持ち歩いている方を発見。勇気を出して声を掛けると、ニコニコ生放送の生主さんでした!
DSC_0067.jpg

とてもいい方で、突然声を掛けたにも関わらずに優しく接してくれました。しかも生放送中に!
その節はお世話になりました。
しっかりした生主っていうのは行動力の他にも、懐の深さを兼ね備えているんだなって思いました。

そして周囲からやけに注目を浴びている2人組を発見。ズバット氏と共に突撃する。
結構レベルが高い女の子2人でした。そりゃ注目を浴びるわけだw
DSC_0066.jpg
※当人からはモザイク付きでブログ掲載許可を頂いております
モザイクがあることが惜しい……。
何かの縁という事もあり、彼女たちからもお話を聞く事に。
左の子を「A」、右の子を「B」とします。

俺「秋葉原はいつから来てるの?」
A&B「最近はよく来てますよ!」
ハキハキと答えてくれますね。おっちゃん嬉しいよ…
俺「今回ホコ天再開に関してはどう感じてる?」
A「嬉しいですよ」
B「私も嬉しい。歩きやすい!」
俺「ちなみに高校生?」
A&B「ううん、中学生!」
俺「そうなんだ! ここであった事件の事知ってる?」
A「何となくだけど知ってます。最悪ですよね」
B「私も。何で他人に怒りをぶつけたんだろう。超最悪」
俺「そうだね。今日アキバに来た目的は?」
A「AKBのグッズを見に来ました」
俺「AKBかぁ、2人とも好きなんだね。誰が好きなの?」
A「あっちゃん!」
B「まゆゆ!」
A&B「えぇぇぇ、ないない!」
俺「(二人同時で言って、尚且つお互い否定し合ってる…。しかし誰かがわからん;あっちゃん? まゆゆ?)えっと、じゃあホコ天に望む事は?」
A&B「一生やって欲しい!」
俺「そっか。ありがとうね。変な人には気をつけてね!」
A「大丈夫だよ、ありがとうございます!」

さっきからちらちら二人を見てるおっさんがいるから、気をつけて欲しいなぁ…。

続いて発見したのはこの自転車!
DSC_0053.jpg

DSC_0054.jpg
※当人からは許可を頂いて掲載しております。
痛自転車ですね!
キャラクターへの愛が感じられます。
ただし、今回の禁止事項で自転車走行は禁止なので、皆さん転がしておりました。
他にも止まっていましたよ、痛自転車。

 

シェリル・ノーム(マクロスF)キュアムーンライトお姉さま(ハートキャッチプリキュア)ですね!
もう愛情ですよね、ここまでくるとw
皆もう写真撮りまくり。それほど完成度高いですからね。
何処から来たかはわかりませんが、好きなキャラクターと共に疾走していたんでしょう!
羨ましいなぁw


○14:30頃
再び事件があった場所へ。
また花が添えられた場所を見ると、大きな変化が。
DSC_0064.jpg
鶴が折られて置いてありました。
よく見ると様々な広告の紙で折られており、恐らくその場で折ったのでしょう。
無関係である人の記憶にも深く刻まれた事件。そして被害者を痛む人々がこれだけいるという事でしょうね。
俺自身はというと、鶴の折り方を忘れていたので代わりに黙祷をしました。
実は俺もこの事件を近くで目撃していました。そして現代の人間を目の当たりにして怒りを覚えました。その話はまた機会があったら。

すると、とある方に声を掛けられる。
何とある雑誌の記者でした。
お互いの情報交換も兼ねてインタビューしたいとの事で、プロの方のインタビューが聞けるチャンスと思い快諾。
喫茶店に入って1時間近く話をしました。
俺は現在27歳なのですが、その世代は記者の方々の間では「サカキバラ世代」と言われるらしいです。
そう、あの酒鬼薔薇 聖斗です。
連続殺人・もしくは無差別殺人を起こしているのは大抵が俺達の世代。秋葉原の事件の犯人も俺と同い年。そういう事もあり、俺の生い立ち・ストレスを感じた事、キレた事はあるかという部分を聞かれました。
プロの記者というのは同じ世代の人から生い立ちを聞いて、そこから事件の真相を深く探っていくみたいです。しかもこの方は何故か話しやすく、嫌な気分は一切しませんでした。
他の方にもインタビューをしたみたいで、今の中高生は進学より就職に不安があるらしく、特に自分はコミュニケーション不足だと感じているようです。普通にハキハキ話しているにも関わらず。そういう世の中なんですね。
俺の話が役に立ったかはわかりませんでしたが、とても興味深く、また貴重な体験が出来ました。記者の方、ありがとうございました。

そして昼飯を食うタイミングを逃したので食べる事に。
DSC_0070.jpg
俺のお気に入り♪

DSC_0069.jpg
美味しそうでしょ?
お勧めなので是非来てみて下さい。

一旦休憩も兼ねてとらのあなでショッピング。
そして店の外に出ると、ドンキホーテ前で人だかり。
騒動の始まりである。

○16:26
ドンキホーテ前に異様な人だかりが出来ていたので覗いてみると、警察と当事者の怒鳴り声の応酬。
DSC_0071.jpg
赤丸で囲んでいる人物が問題を起こしている本人達。二人の間には警察官。
一人はコスプレをしており、恐らくバカテスかな?
右の男は警察官に対して罵声を浴びせる。
コスプレをしている男は片手にポケット全書(法律関連の本)を持って「本庁の人間を呼べ!」と大声で怒鳴っていました。
近くの人に聞いてみると、どうやら酒を飲んでいて出来上がっており、騒いでいたところを警察に見つかった模様。
野次馬の中には初老の観光客の方がおり、「コスプレっていうものを許しているからこういう事が起こるんだ!」と憤慨しておりました。
コスプレのせいではないと思うけど、こんな騒ぎを起こされちゃ誰だってそう思っちゃいますね…。
しかも報道陣が堂々と撮影しているし、コスプレに対しての悪い印象をさらに植え付けた感じですね。
ちなみに右の男は警官に補導されていきました。

その近くで、謎の人物が歩いていました。
個人的にお気に入り!
DSC_0068.jpg
無力王 Mr.BALLHEAD!
元ネタあるのか!? わからんw
どうやら喋れない設定らしく、俺と筆談してました。もちろん掲載許可を頂きました。
何か気に入ってしまったぞ、Mr.BALLHEADww
でもこの人とのインタビューはめんどくさそうだったので、別のレイヤーさんにインタビューしました。


DSC_0073.jpg
仮面ライダーWの主人公、左翔太郎のコスプレしている人との記念撮影。
左でフィリップ役をしているのが俺ですww

4人で行動しており、皆さんにインタビューしました。
俺「今回ホコ天復活した事についての感想は?」
レイヤーさん(いっぱいいたし同時に色々話していたので、一括しますw 以降レ)
「再開したのは嬉しいですよ。街が活性化するし、何より明るく感じる。でも手放しに喜べないです」
俺「じゃあその喜べない理由ってのは?」
レ「絶対以前のホコ天に戻るね。それにやっぱ殺伐としてるよねぇ。俺知り合いとかいるけど、喜んでるのって一部だけですよ」
俺「なるほど。このままずっとホコ天続くと思いますか?」
レ「まずないでしょう。絶対終わる。それに1ヶ月以内で酷い状態になるでしょうねぇ」
俺「そうですか…。じゃあホコ天が続く方法があるとするなら、どうすればいいと思いますか?」
レ「まずマスコミを完全シャットアウト! だって、本来はマスコミ禁止だったのに当日になってOKになったんだもん」
俺「えっ、そうなの!?」
レ「うん、おかげで目立ちたがりや映りたい人がやたらいていい迷惑だ」
俺「なるほどねぇ」
レ「後、さっきドンキ前で騒いでた連中は、以前エアガン乱射していたグループの一員だよ」
俺「えっ、マジで!?」
レ「うん。あいつらが消えない限り、ホコ天は平和にならないでしょうなぁ」

貴重な情報をありがとうございました。
そして記念撮影もありがとう御座いました!

こうしてホコ天初日の幕は17:00ちょうどで終了。
それぞれ期待と不安を抱えたまま、来週の日曜日を迎える事になります。


色々な方にインタビューして思ったのが、やはり治安が悪くなることを懸念していました。
無差別事件もそうですが、一番恐れているのが度が過ぎたパフォーマンスを行う輩が出てこないかという事。
今回警察はコスプレ自体は黙認していたのですが、ちょっと止まっているとパフォーマンス行為として注意する対象にしているとか。
それだけコスプレは秋葉原のホコ天では悪い印象があるという事。
我々オタクやコスプレイヤーに貼られてしまったレッテルは、今後の我々の行動によって払拭できるかどうかが決まります。
どうか、節度やルールを守ってホコ天を楽しんでください。
そして、ごみは路上に捨てないこと。


以上、ホコ天レポートでした。



posted by 須永 遊 at 23:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。