2011年01月21日

KAT-TUNの新曲がボカロ曲に酷似している騒動、解決へ?

以前当ブログでお伝えしたKAT-TUN盗作騒動なのですが、AVTechno氏のブログにて解決したようです。

ブログによると、「ジャニーズ側がKAT-TUNの『NEVER×OVER』の製作にて『DYE』を影響を受けていた事を認めていただき、然るべき処遇をして頂くことで解決しました。」とありました。

約2ヶ月という、やけに遅い対応ではありましたが、ジャニーズ側が非を認めた事はかなり大きいものかと思います。
AVTechno氏の一ファンとして、大変嬉しく思います。

ただし気になることが1点。
まず、ジャニーズ側が公に謝罪をしていない事。本人同士で納得しているだけではないのかと囁かれていて、さらには「金で解決されたんだろう」というコメントもあります。それが事実なら、やっぱりアマチュア音楽をまだ甘く見ているような感じがしますし、またやらかしそうな予感がします。

今後も作曲活動をなされるという事で大喜びなのですが、未だに両ファン内で言い争いをしている事が気にかかります。
KAT-TUNのファンは「違う、ジャニーズが認めたんじゃない、AV氏が謝ったんだ」とか「KAT-TUNは格好いいからそんなことするはずがない。お前らはキモい」とAVTechno氏ファンを批判。それに応えるように「KAT-TUNざまぁwwww」「かつん信者きもい」と応戦。以前ほどではないですが、やっぱり泥沼状態。

どんな形であれ解決しているのですから、ファンの方々もそろそろ落ち着いたらどうでしょうか?


posted by 須永 遊 at 08:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット騒動等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。