2011年02月25日

ゼラ氏のハチ氏にリプライを行って騒動になった件について

お久しぶりです。
最近は全く日記を書く隙がなく、今に至ってしまいました。
細々と続けていこうとは思っているので、時間があったときに読んでいただけると幸いです。


さて、今回はtwitter絡みです。
事の発端はボカロ曲で大変人気のあるハチ氏に対してリプライをしたゼラ氏の発言からでした。
ハチ氏作詞作曲の「パンダヒーロー」の歌詞の中にカニバリズムという単語があります。
ゼラ氏は「
カニバリズムという単語は不適切です。曲を作る際に不適切な表現をするのはいかがなものかと思います」とリプライ。
この発言をハチ氏が公式リツイートした事により、ゼラ氏のリプライが発覚したのです。
ハチ氏はその前のツイートにて、「好き勝手に歌えばいいと思っていたけど、ちょっと考え直さないといけないかもね」、「これは無いな。流石にむかつく」と発言。恐らく自分の曲をフリーダムに歌われた事に対する発言なんだろうと予測が飛び交った中でゼラ氏のリプライに対して、

さっき公式リツイートしたリプライ、きっとこの人が全て代弁してくれている。各々の「許せないライン」を超えてしまうと、とたんに不快に思ってしまうが、一方それを面白いと思ってやまない人間もいる。結局どうしようもないので、僕は「不快だ」と意思表明する他ない。それ以上も以下もない」

と発言。その事により、恐らくパンダヒーローを好き勝手に歌ってしまった「_(アンダーバー)氏」の動画が荒れてしまう結果となってしまった。

…上手くまとめられてない気がする…。
簡単に要約しましょう。

ハチ氏「好き勝手に歌ってる・・・流石にないわぁ」(何の事を言ってるんだろうか?)

ゼラ氏「カニバリズムって歌詞は不適切。曲に不適切な表現はいかんだろう?」

ハチ氏「ゼラ氏が言うように、各々に「許せないライン」があるんだよね。とりあえず僕は「不快なんだ」と感じてるよ」

(もしかして_氏のパンダヒーローの事か?)

_氏の動画が荒れ始める


とまぁ、こんな感じでしょうか。
実際そこまで_氏の動画は荒れてはいませんでした。

さてさて、ここで出てきたカニバリズムとは何かと言うと…
人間が人間を食う事、つまりは食人ですね。ストレートに言えば共食い
確かに意味を知ってしまえばいい言葉ではないかもしれないですね。
しかし、これは不適切なのでしょうか?
現代社会では確かに食人は最大のタブーです。クールー病とかが発生しますしね。
しかしこのカニバリズムという単語、生物学用語としても使われている為にあまり不適切ではないです。むしろ虫等は生きていく為に共食いをする事があり(例えば受精していない卵を産み、それを幼虫に食べさせる等)、その仕組みをすっきりまるっと説明できる単語であるわけです。
意味を知ってしまえば少し嫌悪してしまうかもしれませんが、この単語自体に不快感を抱くでしょうか?
俺の個人的観点からすればNOですけどね。

このようにゼラ氏は自身の観点をリプライで押し付けた形になってしまったわけです。
よりにもよってボカロ界隈の大御所にね。
中には「ハチさんに個人メッセージ(リプライだからDMじゃないんですけどね;)を晒されてしまってかわいそう」とか「その勇気は素晴らしい」と賛成する声がありますが、俺個人は「その程度で過敏に反応するな」ですかね。
これは俺の相方と同じ意見ですが、デスメタルというジャンルだと英語ながらも「殺せ」やら「死ね」という単語が日常茶飯事に使われています。何故、そんな彼らにではなく、あえてハチ氏に矛先を向けたのかが理解できない。
さらには、ゼラ氏自身のブログにて謝罪的な記事が上がったのですが、それもまた首を傾げるもの。

「僕自身は不快には感じていないけど、きっと不快に感じている人もいるから代弁したんだ」(かなり要約しています)

……

お前、不快に感じてなかったのかよ!!!

もう言い訳も甚だしいです。なら言うなよ;
あからさまに自分の発言に責任がないみたいですねぇ。
それにまだブログの中でカニバリズムを「よくないとされている言葉」と言っている。
だから、誰が、いつ、何処でそれをよくないとしたんだ?
何故生物学用語に使われている? よくないとされてるならそんなもんを用語にするわけないでしょうに。

とりあえず、ゼラ氏はまだ学生さんです。若さ故に突っ走った部分はあるのでしょう。
しかし、ネットで発言したからには年齢はもはや関係ありません。それに発言した以上、それなりの反論も覚悟が必要だし知識や論理武装も必要だと思います。

何でも気軽につぶやけるtwitter。
自分のつぶやきに共感してくれた人がフォローしてくれて、ネット上で絆が広がる箱庭。
でも、逆に誰もが見ているから、十人十色の人がいるからこそ、ちょっとした些細な発言が大きな波紋を呼び、所々に四散する。
今回の騒動は全くもって典型的な事例でしょう。
ゼラ氏の知識や認識が自己中心的過ぎたのも問題ですが、少なからず公式リツイートにしてしまったハチ氏にも非があるとは思います。
こういう騒動を追っていくと、自然と反面教師となって俺の知識に蓄えられていくのが実感できます。
ネットは面白い。でも裏をひっくり返すと暗闇の洞窟でいきなりモンスターに襲われた位に恐ろしい場所でもある。
発言するからには、しっかりとした予備知識が必要ですね。



俺もカニバリズムに関しては素人でかなり調べまわってこの結論に至りましたが……
間違ってたらごめんなさいorz


posted by 須永 遊 at 03:07| 東京 ☀| Comment(22) | TrackBack(0) | ネット騒動等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。