2011年01月28日

君の銀河はもう輝いている!

最近マイブームなアニメは、STAR DRIVER-輝きのタクト-です!
ああいうアニメって最近ないから、俺としては「待ってました!」と拍手しながら喜んでいるわけですがw

もう毎回タクトかっけぇ! 男の俺から見てもかっこええ奴でさすが銀河美少年だわw
そしてロボット戦闘シーンがあっさりってのが今までだったのですが…
第16話「タクトのシルシ」では見ごたえ十分な戦闘シーン、そしてタクトの過去の話が明かされました。といっても、やっぱり相変わらず全てを明かさずに伏線はそのままっていう感じ。タクトの謎がまた深まっちゃいました。
そしてマリノはやっぱり○○○だった。予想通りだけど、やっぱり悲しいですよねぇ。一番悲しいのは、マリノとミズノがご退場…。もうちょっといて欲しかったw

とりあえず今回の名言は、「やりたい事とやるべき事が一致するとき、世界の声が聴こえる
人生その通りかもしれないですね。
あぁ、リアルタイムで見れればよかったなぁw

とりあえず、昨日は時間があったのでこんな絵を描いてみました。
shadow.jpg
男でごめんなさいねww
わりかし上手く描けたかと思うんですが…w

それでは、仕事に行ってきます


ラベル:STAR DRIVER 日記
posted by 須永 遊 at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

1/23 秋葉原歩行者天国再開 レポート

本日1/23の13:00より、約半年間日曜日限定で秋葉原歩行者天国(以降ホコ天)が復活しました。
俺も足を運んで終了の17:00までのホコ天の様子をお伝えしようと思います。
今回はクソ長いので注意をw

○13:00
秋葉原に到着。すでにホコ天開始。
    

以前のホコ天の活気がそのまま戻ってきた気がします。
ただし、前と違う所はパトロールが常に巡回している事。しかも警察と連携を取って。



この上のサムネイルの人達は、地域連携部会「アキバ21」の皆さん。町会や商店街の皆さんで組織された会です。
その人達がプレートを持って主にホコ天を回り続けていました。
そのプレートの内容は、今回の禁止事項。

DSC_0039.jpg

以前のホコ天で問題になっていたパフォーマンス行為と路上販売に加えて、自転車走行も禁止されていました。まぁ人がたくさんいる中で自転車走らされてもいい迷惑ですね。

DSC_0065.jpg

そしてアキバ21の皆さんはごみ拾いも実施していました。そんな中、メンバーの一人の方にインタビューできました。

俺「このごみ拾いは今回から始めたんですか?」
アキバ21(以降ア)「いえ、あの事件から今までずっとやってきていたんですよ」
俺「そうなんですね。今回のホコ天再開で感じる事はありますか?」
ア「やはり街が活気づくのは嬉しいのですが、また治安が悪くなるのではないかと不安です」
俺「やっぱり安全に買い物を楽しんでほしいですよね?」
ア「そうですね、平和が一番です。しっかりルールを守っていただきたいです」

お忙しい中インタビューありがとう御座いました。

また別の方からも話をお伺いできました。この方もアキバ21のメンバーで巡回ではなく定位置に立って監視する人です。
俺「今のところ静かですよね」
ア「そうですね。このまま何もない事を祈ります」
俺「以前と比べると思うところはありますか?」
ア「以前のホコ天はゆるすぎたんですよ。別の街のホコ天なんてパフォーマンスとかそこまでしてないでしょ?」
俺「確かに。でもコスプレは許されているみたいですね。ちらほらいるみたいですが…」
ア「黙認している…いや、グレーすれすれなんじゃないでしょうかね。問題を起こしたら即アウトですけどね」
このまま何もない事を祈りたいですね。


○13:30
秋葉原無差別事件の現場に到着。一番ここに人が集中していた。そして報道陣もたくさんいました。

DSC_0044.jpg

事件の傷跡。
未だに被害者や遺族の方に深く心の傷を残している証でしょう。
容疑者の身勝手な理由により、純粋にアキバでの買い物を楽しんでいた人が殺されました。
この周辺には黙祷をする方、そして感傷に浸るように花を見つめる方がおり、重苦しく異様な空気で満たされていました。今回のホコ天再開を手放しで喜んでいる方は実は少ないのではと感じました。
ふと周囲を見渡すと、とある一人の男性を発見。

 
(当人には撮影及びブログへの掲載許可は頂いています)

純粋にホコ天復活を喜んでいる人もいるようです。
NHKさんのインタビューを受けており、表情を見る限りでも本当に嬉しそう。きっとこの方はこの後、買い物を楽しむことでしょうね。

さらにソフマップ周辺でノートパソコンを持ち歩いている方を発見。勇気を出して声を掛けると、ニコニコ生放送の生主さんでした!
DSC_0067.jpg

とてもいい方で、突然声を掛けたにも関わらずに優しく接してくれました。しかも生放送中に!
その節はお世話になりました。
しっかりした生主っていうのは行動力の他にも、懐の深さを兼ね備えているんだなって思いました。

そして周囲からやけに注目を浴びている2人組を発見。ズバット氏と共に突撃する。
結構レベルが高い女の子2人でした。そりゃ注目を浴びるわけだw
DSC_0066.jpg
※当人からはモザイク付きでブログ掲載許可を頂いております
モザイクがあることが惜しい……。
何かの縁という事もあり、彼女たちからもお話を聞く事に。
左の子を「A」、右の子を「B」とします。

俺「秋葉原はいつから来てるの?」
A&B「最近はよく来てますよ!」
ハキハキと答えてくれますね。おっちゃん嬉しいよ…
俺「今回ホコ天再開に関してはどう感じてる?」
A「嬉しいですよ」
B「私も嬉しい。歩きやすい!」
俺「ちなみに高校生?」
A&B「ううん、中学生!」
俺「そうなんだ! ここであった事件の事知ってる?」
A「何となくだけど知ってます。最悪ですよね」
B「私も。何で他人に怒りをぶつけたんだろう。超最悪」
俺「そうだね。今日アキバに来た目的は?」
A「AKBのグッズを見に来ました」
俺「AKBかぁ、2人とも好きなんだね。誰が好きなの?」
A「あっちゃん!」
B「まゆゆ!」
A&B「えぇぇぇ、ないない!」
俺「(二人同時で言って、尚且つお互い否定し合ってる…。しかし誰かがわからん;あっちゃん? まゆゆ?)えっと、じゃあホコ天に望む事は?」
A&B「一生やって欲しい!」
俺「そっか。ありがとうね。変な人には気をつけてね!」
A「大丈夫だよ、ありがとうございます!」

さっきからちらちら二人を見てるおっさんがいるから、気をつけて欲しいなぁ…。

続いて発見したのはこの自転車!
DSC_0053.jpg

DSC_0054.jpg
※当人からは許可を頂いて掲載しております。
痛自転車ですね!
キャラクターへの愛が感じられます。
ただし、今回の禁止事項で自転車走行は禁止なので、皆さん転がしておりました。
他にも止まっていましたよ、痛自転車。

 

シェリル・ノーム(マクロスF)キュアムーンライトお姉さま(ハートキャッチプリキュア)ですね!
もう愛情ですよね、ここまでくるとw
皆もう写真撮りまくり。それほど完成度高いですからね。
何処から来たかはわかりませんが、好きなキャラクターと共に疾走していたんでしょう!
羨ましいなぁw


○14:30頃
再び事件があった場所へ。
また花が添えられた場所を見ると、大きな変化が。
DSC_0064.jpg
鶴が折られて置いてありました。
よく見ると様々な広告の紙で折られており、恐らくその場で折ったのでしょう。
無関係である人の記憶にも深く刻まれた事件。そして被害者を痛む人々がこれだけいるという事でしょうね。
俺自身はというと、鶴の折り方を忘れていたので代わりに黙祷をしました。
実は俺もこの事件を近くで目撃していました。そして現代の人間を目の当たりにして怒りを覚えました。その話はまた機会があったら。

すると、とある方に声を掛けられる。
何とある雑誌の記者でした。
お互いの情報交換も兼ねてインタビューしたいとの事で、プロの方のインタビューが聞けるチャンスと思い快諾。
喫茶店に入って1時間近く話をしました。
俺は現在27歳なのですが、その世代は記者の方々の間では「サカキバラ世代」と言われるらしいです。
そう、あの酒鬼薔薇 聖斗です。
連続殺人・もしくは無差別殺人を起こしているのは大抵が俺達の世代。秋葉原の事件の犯人も俺と同い年。そういう事もあり、俺の生い立ち・ストレスを感じた事、キレた事はあるかという部分を聞かれました。
プロの記者というのは同じ世代の人から生い立ちを聞いて、そこから事件の真相を深く探っていくみたいです。しかもこの方は何故か話しやすく、嫌な気分は一切しませんでした。
他の方にもインタビューをしたみたいで、今の中高生は進学より就職に不安があるらしく、特に自分はコミュニケーション不足だと感じているようです。普通にハキハキ話しているにも関わらず。そういう世の中なんですね。
俺の話が役に立ったかはわかりませんでしたが、とても興味深く、また貴重な体験が出来ました。記者の方、ありがとうございました。

そして昼飯を食うタイミングを逃したので食べる事に。
DSC_0070.jpg
俺のお気に入り♪

DSC_0069.jpg
美味しそうでしょ?
お勧めなので是非来てみて下さい。

一旦休憩も兼ねてとらのあなでショッピング。
そして店の外に出ると、ドンキホーテ前で人だかり。
騒動の始まりである。

○16:26
ドンキホーテ前に異様な人だかりが出来ていたので覗いてみると、警察と当事者の怒鳴り声の応酬。
DSC_0071.jpg
赤丸で囲んでいる人物が問題を起こしている本人達。二人の間には警察官。
一人はコスプレをしており、恐らくバカテスかな?
右の男は警察官に対して罵声を浴びせる。
コスプレをしている男は片手にポケット全書(法律関連の本)を持って「本庁の人間を呼べ!」と大声で怒鳴っていました。
近くの人に聞いてみると、どうやら酒を飲んでいて出来上がっており、騒いでいたところを警察に見つかった模様。
野次馬の中には初老の観光客の方がおり、「コスプレっていうものを許しているからこういう事が起こるんだ!」と憤慨しておりました。
コスプレのせいではないと思うけど、こんな騒ぎを起こされちゃ誰だってそう思っちゃいますね…。
しかも報道陣が堂々と撮影しているし、コスプレに対しての悪い印象をさらに植え付けた感じですね。
ちなみに右の男は警官に補導されていきました。

その近くで、謎の人物が歩いていました。
個人的にお気に入り!
DSC_0068.jpg
無力王 Mr.BALLHEAD!
元ネタあるのか!? わからんw
どうやら喋れない設定らしく、俺と筆談してました。もちろん掲載許可を頂きました。
何か気に入ってしまったぞ、Mr.BALLHEADww
でもこの人とのインタビューはめんどくさそうだったので、別のレイヤーさんにインタビューしました。


DSC_0073.jpg
仮面ライダーWの主人公、左翔太郎のコスプレしている人との記念撮影。
左でフィリップ役をしているのが俺ですww

4人で行動しており、皆さんにインタビューしました。
俺「今回ホコ天復活した事についての感想は?」
レイヤーさん(いっぱいいたし同時に色々話していたので、一括しますw 以降レ)
「再開したのは嬉しいですよ。街が活性化するし、何より明るく感じる。でも手放しに喜べないです」
俺「じゃあその喜べない理由ってのは?」
レ「絶対以前のホコ天に戻るね。それにやっぱ殺伐としてるよねぇ。俺知り合いとかいるけど、喜んでるのって一部だけですよ」
俺「なるほど。このままずっとホコ天続くと思いますか?」
レ「まずないでしょう。絶対終わる。それに1ヶ月以内で酷い状態になるでしょうねぇ」
俺「そうですか…。じゃあホコ天が続く方法があるとするなら、どうすればいいと思いますか?」
レ「まずマスコミを完全シャットアウト! だって、本来はマスコミ禁止だったのに当日になってOKになったんだもん」
俺「えっ、そうなの!?」
レ「うん、おかげで目立ちたがりや映りたい人がやたらいていい迷惑だ」
俺「なるほどねぇ」
レ「後、さっきドンキ前で騒いでた連中は、以前エアガン乱射していたグループの一員だよ」
俺「えっ、マジで!?」
レ「うん。あいつらが消えない限り、ホコ天は平和にならないでしょうなぁ」

貴重な情報をありがとうございました。
そして記念撮影もありがとう御座いました!

こうしてホコ天初日の幕は17:00ちょうどで終了。
それぞれ期待と不安を抱えたまま、来週の日曜日を迎える事になります。


色々な方にインタビューして思ったのが、やはり治安が悪くなることを懸念していました。
無差別事件もそうですが、一番恐れているのが度が過ぎたパフォーマンスを行う輩が出てこないかという事。
今回警察はコスプレ自体は黙認していたのですが、ちょっと止まっているとパフォーマンス行為として注意する対象にしているとか。
それだけコスプレは秋葉原のホコ天では悪い印象があるという事。
我々オタクやコスプレイヤーに貼られてしまったレッテルは、今後の我々の行動によって払拭できるかどうかが決まります。
どうか、節度やルールを守ってホコ天を楽しんでください。
そして、ごみは路上に捨てないこと。


以上、ホコ天レポートでした。

posted by 須永 遊 at 23:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

KAT-TUNの新曲がボカロ曲に酷似している騒動、解決へ?

以前当ブログでお伝えしたKAT-TUN盗作騒動なのですが、AVTechno氏のブログにて解決したようです。

ブログによると、「ジャニーズ側がKAT-TUNの『NEVER×OVER』の製作にて『DYE』を影響を受けていた事を認めていただき、然るべき処遇をして頂くことで解決しました。」とありました。

約2ヶ月という、やけに遅い対応ではありましたが、ジャニーズ側が非を認めた事はかなり大きいものかと思います。
AVTechno氏の一ファンとして、大変嬉しく思います。

ただし気になることが1点。
まず、ジャニーズ側が公に謝罪をしていない事。本人同士で納得しているだけではないのかと囁かれていて、さらには「金で解決されたんだろう」というコメントもあります。それが事実なら、やっぱりアマチュア音楽をまだ甘く見ているような感じがしますし、またやらかしそうな予感がします。

今後も作曲活動をなされるという事で大喜びなのですが、未だに両ファン内で言い争いをしている事が気にかかります。
KAT-TUNのファンは「違う、ジャニーズが認めたんじゃない、AV氏が謝ったんだ」とか「KAT-TUNは格好いいからそんなことするはずがない。お前らはキモい」とAVTechno氏ファンを批判。それに応えるように「KAT-TUNざまぁwwww」「かつん信者きもい」と応戦。以前ほどではないですが、やっぱり泥沼状態。

どんな形であれ解決しているのですから、ファンの方々もそろそろ落ち着いたらどうでしょうか?
posted by 須永 遊 at 08:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット騒動等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

01/16 VOCALOID M@STERイベントレポート

お久しぶりです。
年始もしょっぱなから仕事の嵐で気が滅入りそうです…。
MHP3で言うなら、もう滅気攻撃やられまくってスタミナ切らされたようなものです。
報告は遅れましたが、モンハン難民は逃れる事に成功しました! いやぁ、助かったw
まだ下位で武器を揃えるためにひたすら頑張っております。
気長に行きましょう。

さて、長い前置きはさておいて、早速今日のボーマスレポートをさせて頂きます。


今回のボーマスは、この寒波もあって待つには非常に酷な状況でした。
さらに重ねて、今回はフリー入場がないとの事でした。俺は事前に調べていなかったので、知ったのは会場ででした(調べない俺が悪いのかも…)。
「フリーあるだろ!」と踏んでいた俺はカタログを持たずに行くと、カタログなし列がずらり…。
そして最後尾看板を見ると、以下のメッセージ。

『カタログ販売は13:00を予定しています。なくなったらごめんなさい…』

到着したのは10:30。何処かで時間をつぶすという選択肢があったけど、この文面だと在庫があるかどうかも危うい…。
止むを得ず列に並んで待つ事に。しかし、この待つ時間は本当に辛かった。
最初の30分は耐えられたけど、そのうち全身が震えだす。尚且つビル影だし風が突き刺すような冷たさ。最初はモンハンできたけど、もう無理でした。
1時間経過すると、流石に耐えられない人が出てきたみたいで諦めて帰っていく人が出始める。
俺も帰ろうかと思ったけど、相方が頑張ってサークル活動をしているので一目見たい、その一心で耐え抜く決意をする。この寒さなのだから、販売予定時間を早めてくれるはず! そんな事を期待しつつ寒さに耐える。

12:15頃、列は動いて後100mで会場というところまで移動する。きっとスタッフが冷たい風から守ろうと配慮してくれたのだろう。
だが、これが更なる苦行。
日が全く当たらないから逆に寒い。寒すぎる。後45分も耐え抜かなきゃいけないのかと思うと心が折れそう。
そこである出来事が…。

すでに前売り組で入って用事を済ませたであろう5人組女子に、とある男が声をかける。
「ねぇねぇ、そのカタログ譲ってくれない?」
「え? …あっ、はい」
「ありがとう、ありがとうね!」
何処から沸いたかわからないが男が颯爽と現れ、颯爽とカタログをゲットし、颯爽と会場に向かっていく。
…おぃおぃ。
しかも渡した女子は「あの人格好良かったよね!」みたいな事を言っている。
これが流行の銀河美少年かぁ…。ちくしょう羨ましい……じゃない、それはやっちゃあかんだろうに。
とまぁちょっと殺意が沸く中、ひたすら待ち続ける。

そして待望の販売時間短縮!
……10分だけね。

…あぁ、会場の中はあったかいなぁ…。浄化されていくよ…っと、一通り回りましょう!
でも、会場広い割には結構すっかすかな感じがある。
特に入り口付近なんてホワイトボードが置いてあるだけで人だけしかいない空間がある。入り口から見て右手は恐らくCD・DVDメイン(恐らく有名Pスペースかな?)。そして左手が同人誌スペースとなっているのだろうか。広めの会場だからスペース間を広めに取ってるのだろうけど、来場客がいてもサークルが何か少ない感じが否めない。特に入り口。
同人誌スペースに相方がいるので、真っ先に向かって挨拶。今回はお友達と参加していたので、その友達にも挨拶。
そして全部を一通り回るが、右手のCD・DVDスペースがなんかすっごく寂しい。寂しすぎる。同人誌スペースよりも人が少ない。
3時間弱待って、会場にいたのは30分未満でした。


3回目の一般参加でしたが、今回のはちょっと不満だらけでした。
前回のボーマスでフリー入場がとんでもない事になったからフリーは止めたのでしょうが、それでもカタログ在庫は当日までわからないってのは、前売りを止むを得ず買えなかった人を置いてけぼりにしている気がします。尚且つ酷い寒波にも関わらずずっと待たせている事。コミケでも開場したら全員カタログあろうがなかろうが入れるようにしているのに、それより規模が小さいイベントがこれってのはいかがなものかと。やるなら春辺りにやってよorz
会場は恐らく収納人数を見越しての広さなんだろうけど、それに見合ってなかった気がします。ならカタログなし参加者をあんなに待たせる必要はないんじゃないかなぁ。

とりあえず、一言でまとめるなら……

今回は前売り購入者メインのイベントって感じがしましたって所かな。

前売り販売大いに結構。
でも、買えなかった人のための対処をもうちょっと考えてくれないでしょうか。
イベントはやっぱり全員で楽しまないといけませんから。
ラベル:ボーマス VOCALOID
posted by 須永 遊 at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

明けましておめでとうございます

しばらく更新が空いてしまいました。
年末は仕事が怒涛にあったので更新する時間がありませんでした;

早いものでもう年が変わって2011年となりました。
色々あったので、本当あっという間の1年間でした。ブログとしてはまだ半年も経っていませんが、今年もよろしくお願いします。

暗いニュースが目立った1年でしたね。
我々オタク界隈も様々な出来事があり、また少し肩身が狭くなった感じがします。
それでもモンスターハンターポータブル3rdやポケモンBW等キラータイトルが出て、盛り上がっていたりもしますね。
それに今年2月には秋葉原の歩行者天国が復活します。
暗い話だけではなく、探せばしっかりと明るい話はあるものですね^^
今年もきっと良い年になることを願います。

では、皆さんよいお年を
posted by 須永 遊 at 11:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。