2010年11月29日

人気バンド・ガゼット「ボカロ曲を作品と扱っている奴は正気の沙汰とは思えない」発言で炎上について

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1571078.html

一通り読ませて頂きました。
その上であくまで中立の意見を言わせていただきます。


○ガゼット「葵」氏のツイートについて
言っている事は正論だと思います。
歌というのは人間が歌って初めて完成されるもの。
ボカロって言わばサンプリングの状態なんだと思います。
そういういった意味であるなら、確かにボカロとアーティストをイーブンで比較するのは正気の沙汰ではないでしょう。
それにボカロは元々閉鎖空間で行われていた趣味の領域だったはずですしね。初めは自慰的なもんだったと思います。
アーティストサイドから見れば、機械に歌わせているのにもてはやされている状況には憤りを感じるでしょう。

○ボカロサイドとしての一言
今の相方からボカロを教わるまで、俺も葵氏と全くもって一緒の考えでした。
そして相方から様々な曲を教えてもらい、今のプロアーティストにはない素晴らしさを実感しました。
ここからは俺の勝手な推測ですが、ボーカルって誰でもなれるものじゃない天性の才能だと思っています。
練習とかである程度上達しても声質はごまかしようがない。
じゃあ曲を作りたいけど自身じゃ歌えないとなると、ボカロが出る前まではボーカルを探さなきゃいけなかったんじゃないでしょうか。
でも、ボカロが出たおかげで自身で調律して歌を歌わせ、やっと一つの曲として完成する…。
むしろボカロの調教を競い合うっていうものがあるからこそ、プロと大差がない素晴らしい曲も出て来るんだと感じています。
さらに面白いのが、やっぱりサンプリングとしての機能も果たしており、歌い手が生の声を当てる。上手い人が歌うとガチで素晴らしくなってしまう部分。そういった繋がりがあるから、ボカロはここまでブームを巻き起こしているんだと思います。

今オリコンでランクインしている曲を聴いてみると、「何でこれがランクインしてるんだ?」というのが多々あるように感じます。
(ただ、俺の感性がそうなっているだけかもしれませんが…;)
CDを売らなくちゃいけないっていうプレッシャーと戦っているのはわかりますが、純粋な音楽としてはつまらないんです。
今回の件で葵氏はボカロを認めつつあるみたいですし、ボカロブームを脅威…黒船来襲だと思ってより良い楽曲作りに励んで欲しいなと感じています。


俺もちょっとだけ楽曲作成に手を出しています。上手く作れるかわかりませんが、出来たら公開するつもりです。
その時は聴いてください。


posted by 須永 遊 at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット騒動等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

静岡にてガンダム発見!

昨日仕事で日帰りで愛知と静岡に行ってきたのですが、東静岡にて発見したのがガンダム
まさかガンダムがこんなところにいるとは思ってもみなかったよ!
写真を撮れたらよかったんですが、何せ移動で時間いっぱいいっぱいでしたので撮る暇がありませんでした;
しかし、でけぇなぁ……。

お台場のとは違って、ビームサーベル持ってるよ!
やっぱなんだかんだでファーストってかっこえぇよなぁ……。

静岡にガンダムがいる理由とは、静岡でホビーフェアをやるそうで、そのための展示だそうです。
俺も行きたいけど、遠いよ!!
ん〜、ガンダム見れただけでもOKとしますか…。

今度IS03…通称Androidというスマートフォンを購入します。
デジカメに負けない写りなので、今後のブログでも写真を載せられると思います。
その際は是非ご覧になってくださいね。
写真の腕は皆無ですがwww
ラベル:ガンダム
posted by 須永 遊 at 07:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

僕らのヲタライフはいつまで続く?

今、政治家さん…特にトップにいる人達の発言がおかしいですよね。
「自衛隊は暴力装置」だのなんだの…。
言っている事は大体合っているんですが、言う場所を間違えているんですよね。
おおっぴらに言うんじゃなくて、影で言うべき台詞でしょうに。

さて、今の日本はヲタ文化に対して過剰なまでに反応を見せていますね。もちろん悪い意味でね。
確かに俺達が求めるものはだんだんレベルが高くなり、一般人には受け入れられない所まで達してしまったってのはあるかもしれません。
例えばパンチラしかり、Nice Boatやらひぐらしやら…。
『皆が楽しめるアニメ』ではなく、『ヲタだけが楽しめる閉鎖的アニメ』ってのが増えてるんじゃないでしょうか。
故に糾弾され、次々と規制を掛けていく。
でも穴があるから制作サイドは穴を潜ってはまたアニメを作っていく。
いたちごっこですよね。

正直俺達オタクにも悪い部分はあります。
例を挙げるとするなら、
・人目を気にせず騒いだりする
・フーリガンみたいなファンが増えてきた
・アニメに速報等が入っただけで苦情を言う
って感じですかね。
どう考えても好印象を与える行動ではないですよね。
アニメとかゲームが好きなのは良い事です。でも行き過ぎるとそれはどんな事柄においても悪いです。
そろそろ全員がそれを理解し、しっかりとマナーを身に付ける必要があるんじゃないでしょうか?
でも、皆が皆そうではないってのはわかっています。しかしあまりにもマナーが悪い人が多すぎるので…;


まぁ、マナー云々の前に国の政治方針が色々ぶれているせいか、いつかは日本という国はなくなるかもしれないですね。
お隣の大国さんに日本を売るような態度ばかりを取っている日本の政治家。
国民もだまっちゃいないのに…。
もし日本が消えてなくなったら、こうやってヲタライフは続けられないでしょうね。
俺はもっと漫画やアニメ・ゲームを楽しみたい!
俺だけでは何も出来ないですが、少しでも情報を集める為にアンテナを張り続ける事にします。


民主はだめだめだね(ぼそり
posted by 須永 遊 at 02:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

11/14 VOCALOID M@STERイベントレポート

行ってまいりました、ボーマス!
他にもイベント参加された方々、お疲れ様でした。
今回俺は売り子として、サークル参加として入場しました。

今回のイベントはサークルが300以上!
会場も300以上のサークルが入るよう、サンシャイン展示場の3Fフロアを全て使ったそうです。確かに、今までのボーマスの中では最大級の広さですね。

・AM10:00
サークル参加入場開始。自分のサークル位置に着くやいなや、一斉に準備を開始。
そして忘れてはいけないのはお隣さんへの挨拶。これはマナーですね。
しかし、左隣のサークルさんは来ていませんでした。残念;

・AM11:15
一般参加(前売りカタログ購入者対象)入場。ただし、販売は11:30から。
あまりの人数の多さに、11:30入場だったのを15分も早める。
そして入場が開始されると皆一斉に目当て(といっても大体が有名Pの場所)の場所に走る!
走る行為は禁止ですよ。そろそろ守りましょうよ;
俺はそこまで買うもの…というか、売り子を楽しむ為に来たので買うものも特に無く、黙々と準備。

・AM11:30
アナウンスの「ボーマス開催です!」の掛け声と共に鳴り響く拍手。
さぁ、戦争の開始!
その間、俺はとある有名Pの返品騒動をちらっちらと注目(だって、位置が結構近かったしw)。
返品を求める一般参加者はいなかったようです。
皆は壁サークルに群がっており、弱小サークルである我々の場所には誰も来ない。
勢いが全然違いますね。たまに黄色い女性の声が聞こえる…。有名P、恐るべし。

・PM12:30頃
ようやく皆がお目当ての物を買い、賢者タイムに移行。
落ち着いているのか、一つ一つのサークルを吟味する余裕は出てきた模様。
我々のサークルも既刊・新刊共に売れ始める。
売り子である俺も、描いたのは相方だけど売れる事に心から喜びを感じる。
こういう「自分が作ったものが認められた」と実感できるイベントは本当素晴らしいです。
ちなみに、返品騒動には動きなし。
まだ誰も来ていない様子。もしかしたら来ていたのかもしれないけど、見た感じだと返品目的で訪れた参加者は見かけていない。
何かから回ってる感が否めない;

・PM14:00
我々のサークルの同人誌が半分を切る。弱小でしかも宣伝などをしてないにも関わらず。
相方の絵が形として認められている証明なのだろう。
それに相方の名刺を皆貰っていっている。大きな前進だ。お手伝いながらの俺も本当に嬉しい。

この時間帯にてフリー入場(前売りカタログ買えなかった人が無料で入れる時間帯)なのだが、
あまりの人の多さに約30分遅れて入場。その人数、絶対前売り入場の人数より多い;
午前中以上にごった返す人。そしてまた我々のサークルに閑古鳥が泣く。皆壁サークルに群がっている。
こういう時に弱小なんだなって思い知らされるのでした。
そしてあまりの人数に配慮してか、15:00で終わるイベントを30分延長との運営側からのアナウンス。
フリー入場の皆は声を出して喜ぶ人もいる。そりゃ嬉しいよね^^
返品騒動に関しては、動きが見られない。誰も着ていない様子。
あんだけ騒がれておきながら全く返品を望む人が来ない……。
それはそれで悲しいよね;

・PM15:30
ボーマス、無事に終了。
拍手が会場に鳴り響いているものの一般参加者の興奮は冷め止まない様子で、一向に帰ろうとしない。
それを尻目に撤収作業をいそいそと行うサークル参加者。
…戦いは終わったのです。
売り上げの成果としては、印刷代や経費の元は取れた感じらしい。
一番嬉しいのはきっと相方なんでしょうね。お疲れ様、相方^^
そして、返品騒動の最終動向は…あれ、手ぶら? 手ぶらだよね…。
つまり、誰も来なかったのか!

…悲しいなぁ


何かしら問題があるであろう部分にも全く問題なく、平和に閉幕したボーマス。
相方も憑き物が取れたかのようにスッキリとした顔になっている。
俺も一安心。
本当にあっという間に終わったイベントでした。

レポートとしてはこんな感じです。
イベントの雰囲気は最低限伝えられたんじゃないでしょうか。
皆さんお疲れ様でした!!
ラベル:ボーマス VOCALOID
posted by 須永 遊 at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ついにボーマス当日!

こんばんは、今の今まで準備をしておりました。
相方は今頃楽しみって気持ちと売れるかどうかの不安な気持ちで押しつぶされている事でしょう。
一応絵は描けるのですが、相方の方が数段上なので俺は何も手伝えないのが現状。それもまた悲しい。

とりあえずしがない営業をしている私めが出来るのは、売り子で少しでも多く手にとってもらえるようにすることですね。
もちろん無理な誘導は一切しませんよ!

イベントが終了したら、報告といった形で皆様にお届けできたらなって思います。
もしボーマス行かれる方、是非一緒に楽しみましょう!
ラベル:ボーマス VOCALOID
posted by 須永 遊 at 01:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

とある有名Pの返品・返金騒動について一言物申す

この日記内では、どのP(プロデューサーの略です)の事かは言わないでおきます。
知らない方の為に、どういう騒動かを要約しますと、

1.VOCALOIDを使った二次創作にも関わらず「Allrights reserved」…つまり、「この同人誌に描かれているものは全て私の著作物だぜ」と記入していた。
2.指摘を受けてネット上での返品・返金対応に乗り出すが、住所がP本人の場所ではない等から不信感が募り、「ボーマス(ボカロオンリーイベントの名称の略)で対応してほしい」との声が多数出てくる。
3.今回11/14に開催されるボーマスにて、とある方のブースを借りて返品・返金対応を行うことになった。

というものです。
詳しく知りたい方はこちらをクリックして確認して下さい。


まぁ僕が何を言いたいかというと、
返品・返金対応をイベントでやるのはどうなのよ?って事です。

こういった同人イベントの本来の存在理由ってのは、
二次創作を楽しみ、作品に対する好感・共感を形に表したもの
だと認識しています。そして同人誌を作った方に対し、評価をお金という形で表している程度なんです。
お金のやり取りは発生していますが、結局は趣味の領域。フリーマーケットみたいな場所なんです。

そんな楽しみを共有する場に、トラブルに成りかねないものを持ち込むのはいかがなもんでしょうか?
確かにやらざるを得なかったのかもしれない。
しかしやるべきではなかったのではないでしょうか。
ネットで解決できるなら、スムーズに解決して欲しかったです。

今回の騒動はどう考えても同人誌のプロデュースを買って出たP、そして絵師であるY氏が圧倒的に悪いです。
著作権の知識の無さ、他の著作物に対する意識の低さがモロに形で出てしまいましたから。
絵師Y氏は今後の活動を自粛すると言っていますので、もう表舞台に上がる事はないかもしれない。
でももしまた復活するのであれば、今回の事を真摯に受け止めて活動をして欲しいです。
Pもプロデュースをするのであれば、それ相応の覚悟や責任を持っておこなって欲しいです。


例え閉鎖空間であれ、有名になった人にはそれなりの対応は求められると思います。
さらに、趣味を共有する空間でも、その人達の扱いは趣味を超えたものとされているのではないでしょうか。
もし、有名になりたいのであれば、今回の騒動みたいな事を起こさないことを祈ります。


ちなみに俺は有名になりたい!って野心は1kgほどありますが、
有名になっても趣味で留まるくらいの活動をしたいって思っています。
posted by 須永 遊 at 01:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット騒動等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

自己紹介

時事ネタやレビューをやる前に、私めの自己紹介をしたいと思います。

まず、簡潔に説明すると……

5割はオタクで出来ていて、残り5割はエロで詰まっています

エロじゃない人間はなんぞやww


もっと詳細に自己紹介をさせて頂きます。



俺はファミコンが発売された次の日に生を受けました。
その日に産まれた時点でゲーオタになる事は確定していたのかもしれません。

基本的に覚えが悪く、もう少しで1歳になるという所まで立って歩かなかったし喋らなかったらしいです。
親も流石に障害持ちなのでは?と心配していたら、いつの間にか…さも当たり前のように立って歩き喋っていたようです。
親が初めて聞いた俺の言葉が

お腹すいた

との事。
救いようがありません。


幼稚園に入る時に運命的な出会いをします。
そう、ファミコンです。
俺は与えられたファミコンを早速起動してプレイを始めます。
初めてやったゲームは、燃えろプロ野球でした。幼稚園児がやるものではないですね。
でも、ソフトが3本あった中で残りは水戸黄門とトランスフォーマー・コンボイの謎です。そりゃまだわかる野球ソフトを手に取るに決まってます。
俺は両親の影響で巨人が大好きでしたので、ひたすら巨人を使い、「くろまて(絶対に元ネタはクロマティですw)」を4番として起用してました。

プレイ中に両親から「おまえのお兄さんだよ」的な事を言われたので、マジに取った俺は…

俺「ファミコンは僕のお兄さんなんだね! お兄さん、何か喋って!」

ファミコン「カキーン!(ボールを打った音) ぷぅぅぅぅぅぅぅううううん(打った球が浮き上がる音) …ワァァァァァァ!(ホームランで湧き上がるしょぼい観客の声)」

俺とファミコンの初の対話でした。

それからゲームにはまり、今を合わせて軽く1000本はゲームをプレイしたと思います。
ちなみに初めてやったRPGはウィザードリィです

また、父は映画オタク、母は少女漫画好きなので、両親の趣味を仲良く受け継いでいます。
初めて見た映画はフルメタル・ジャケットという相当ヘヴィな戦争映画。
まだ子供の俺にそんなものを見せるなよwwww
最初は怖くてビービー泣いていましたが、映画のすごさに引き込まれて、小学生から自分でレンタルショップに脚を運んでは渋い映画ばっかり借りていました。映画の話は大人じゃないと合わない位です。
母親が持っていた少女漫画を読んでいたので、今でも抵抗なく少女漫画を読んだりします。

専門学校卒業までは己の趣味に全力を注いでいたので全く彼女は出来ませんでした。
そんな俺も初めて彼女が出来たのは21歳の頃。
付き合いって大人の階段を登ったことにより、今まで出来なかった下ネタ話も気にせず出来るようになっちゃいました。
純白が穢れてのかもしれませんw



○最近はまっていること
今の相方さんの影響で、VOCALOIDにはまっております。
ボカロ曲で気に入った曲を探すのが楽しみになっています。
11/14開催のボーマスにサークル側として参加するのですが、注目しているのがとある有名Pの返金問題です。
この件は次の日記で思っている事をストレートに書こうと思っていますが、どうなるか気になります。


とまぁ、こんな感じです。
私めの事が少しわかっていただけたかと思います。
もっと記事を豊富にしていきたいと思っているので、是非とも目を通していただけたら幸いです。

これから宜しくお願いします。
ラベル:自己紹介
posted by 須永 遊 at 00:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。