2011年12月06日

映画「けいおん!」 初動ヱヴァ序超えの大ヒットについての感想!

超久々に更新しますw

映画「けいおん!」 初動ヱヴァ序超えの大ヒット ネットで話題に
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1682142.html


いやぁ、初動ですでに3億とはすごいですねぇ…。
けいおん!はやっぱりすごい人気があったから、アニメ業界のキラーコンテンツなんでしょうね!
しかし、ネットで話題になっているのはどうやら3億という数字の部分だけではないようです。

問題は、いわゆるAKB商法に似たやり方をしているという部分でした。
AKB48のCDがミリオンヒットしていたりとニュースで話題になっておりますが、ネット上ではCDに付いてくる特典目当てのファンが1人で複数枚購入している実情が取り上げられ、不快感を露わにしているネット住人は少なくない様子。
今回の映画は、まさにその商法を行っているという事で、ドン引きしている住人がいたりします。

特典の内容とは、映画けいおん!を3回観る度にメモリアルフィルムという特典がプレゼントされるそうで、どうやら8種類存在している模様ww
つまり、24回映画を観ないとコンプリート出来ないという仕組み!

まぁ真っ先な感想としては……

マジないわぁ…(ドン引き)

の一言なんですがw

俺はオタクですが、基本的に特典とかのグッズは全く興味を示さない人間だったりします。
映画を観て、楽しむだけで満足なんですよね!
まだ初動の段階の為最終的にどれだけの興行収入になるかは分かりませんが、結構な額は行くかと。
キラーコンテンツだから今回のような商法も通じると思ったようですが、逆に俺はアニメ業界の今後がちょっと危ないのでは?と感じたりしました。
アニメ業界はクリエイターの収入がかなり少ない事で有名。その理由としてはテレビ局側からの予算が結構少ない事が挙げられます。
そういった中で稼ぎを出そうとするとなると、DVDやら映画で収入を得なくてはいけない。
でも不況やら割れ問題等があり、初回特典等を付けないと購入してくれない事実もある。
もしかしたら、今回の件がきっかけとなってこのような商法を仕掛ける映画が増える可能性が高い。
つまり、それ位アニメ業界は切羽詰まっているのではないでしょうか?
これはあくまで俺の推測なんで、事実は全くわかりませんがww

今後10年20年先に、今のような良質なアニメは生産されるのでしょうか?
今オタク業界はノリにノッテいるかもしれませんが、いつ冷え込むかわかったもんじゃない。
消費者も結構知恵をつけているし、冷静な人も多くなってきているので、真にファンの期待に応えるようなものを売り込んでいくのが大事なのではと感じる出来事でした


posted by 須永 遊 at 11:01| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

アプリ「ミクさうんど」についてまとめてみる+個人見解

今結構twitterで話が上がっているのが、「ミクさうんど」。
このアプリをざっくり説明すると、ニコニコ動画にアップされているボカロ曲を閲覧しやすくなったもので、音声を抽出・再生するものだそうです。
俺自身、この手で確認したいのですが……iphone持ってないんだorz
今回、前の日記で著作権について断言しすぎてしまいましたので、反省してしっかり裏付けてから語る事にします。
なので、今回の個人的見解は、ただの個人的意見になるかと思います。あくまで個人的意見で聞いてね!

まずこのアプリ、有料です。
今回はこの部分に対してツイートやリプライする人が多いようです。
何故なら、有料で且つ無断抽出・再生(言うところの無断配布)を行っているからです。
そういった部分で著作者の許可を取っていない為、あからさまな著作権侵害だろうというツイートも見られます。
それにソースは不明ですが、このアプリの制作者はサーバー維持費として月15万円もかかっているとかで、援助を名目として有償公開にしたとの事です。かなりアクセスが集中した為、増設した結果がそれだけの費用が発生する位になってしまったとか。

と、上記部分を書いている最中に見つけました。どうやらアプリ制作者がtwitterアカウントを作成して、質疑応答をしていたようです。
アプリ制作者曰く、
・サーバー維持費はあくまでアフェリエイトに該当する
・サーバーに直接データを置いていない。あくまでユーザーの意思で抽出している
・サーバーはニコニコ動画から抽出する為のプログラムを実行・配信する為の物
・このアプリは、ボーカロイド普及が目的
・アプリ制作者は、ボカロを愛しているとの事


うん、何だこれ!!!

アフェリエイトに該当って、ちょっとよくわからん。
あくまで俺の見解ですが、「各ボカロ曲を紹介しているから、その紹介報酬をもらっている」って事なのでしょうか。
どちらにせよ、アプリ制作者は、この発言については明言していません(どういう意味なのかについては)。
そしてボカロを愛していて普及が目的なのに金を取るのか…w
俺なら、普及目的だったら赤字覚悟で、しかも出来る範囲でそういった物を製作・公開しますが…。そこに金銭を発生させようと考えるだろうか?
それに、サーバー維持費のあまりにも高額な件について。
どうやら、その程度のサーバー利用であるなら、相当下手な技術者かぼったくり業者に捕まえられたか以外では考えられないそうです。
となると、かなり割増で値段を言っているのか?という部分も出てきますね。

今回の件に関しては、一つも同意できる部分がねぇ
それに、初音ミクという商標登録の無断使用を避ける為に、有償化に当たって「初音」の部分を削ってただの「ミク」にしたとかも上がっています。アフェリエイトの範囲だと言っている割には、ちょっと姑息と思われるような対策を打っているように思えます。


ちなみに今回著作権について明言を避けているのは、ちょっとした気になる事があったので…。
著作権は申請するものであるという意見があった為です。
もしかしたら、http://www.bunka.go.jp/chosakuken/touroku_seido/index.htmlを指しているのかと思っているのですが…。
著作権の基本は、製作した段階で発生するものだと思っているし、上記URLでもその旨が記載されているので問題ないと思いたいのですが。
上記URLはあくまで、「これは俺のだぜ!」っていうのを、法律上でも強くアピールできる為のもののようです。
必ず登録しないといけないよ!って訳ではないようです。





今回の事のように、やっぱり何かしらの自衛策は今後考えないといけないんだと思います。
ボカロPもJASRACに著作権信託していたりと、著作権について考えている人が多くなってきています。
それに動画コメントも用意されているのですから、何かしら著作権対策で記入してもいいんじゃないでしょうか。例えば、
※金銭が発生する場合はご相談ください
とか。少しは違ってくるんじゃないでしょうか?
著作権は親告罪です。著作者が訴えないと犯罪とならないので、いかに自分の著作物かというアピールも必要になります。
最低限、作成途中のデータは持っておいた方がいいでしょう。インターネットのタイムラインは全く証拠になりません。

何かニコニコできませんねぇ…



※音楽著作権について参考にしていたサイトをご紹介します。
http://seas.or.jp/datafile/chosakuken.html
ある程度わかりやすく説明されていると思います。


posted by 須永 遊 at 02:40| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 思う事つらつら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

英語は勉強して損はないかもなぁ…

俺の高校時代の友人の一部で、絵で飯を食っていきたいと言っていた人がいた。
本当に絵一筋で、美術以外の授業は絵を描く始末。
そんな彼の一言。
絵さえ描ければ、後の授業はすべて無駄
う〜ん、きっと幅が狭くなって良い作品自体作れなくなるような気がしますが…。
そんな彼は今何処で何をしてるかはさっぱりですけどw


最近感じてきたのが、やっぱり英語は話せる方が得という事。
なぜなら、日本のオタク文化は今や全世界に知れ渡っているから。
海外のジャパニメーションを批評するサイト等を見ても、日本のアニメは自国のアニメより好きという人ばかり。
また、海外でも日本の漫画やアニメを取り上げたエキスポも行われ、来場者数もかなりのものだとか。
そういう事を考えると、英語を話せる事で交流も図れるし、もしかしたら世界に日本のオタク文化を広げる仕事に就けるかもしれない。
間違いなく、自分自身の幅というか引き出しが増えると思います。

後、作品作りにも影響は出るんじゃないでしょうか?
英語を知っておくと、イラストとかに単語も出せるし、音楽を作る際も英語歌詞が書ける。
もう一石二鳥どころじゃなくなるかもしれませんね!

英語はとりあえず世界共通語ですので、覚えて間違いなく損はなし。
もちろん俺は英語が必要!って感じただけであり、この記事を読んだ人それぞれに「俺はこの国の言語がいい!」ってのがあると思います。
でも、やっぱり日本語以外の言語喋れたら、何かやっぱり格好いいじゃん?←結局それか!

俺達オタクにも、オタク知識だけでなく別の知識……例えば日本の現状等、そういった事を把握する必要はあると思います。
その一つとして、他国言語を覚えるのはとってもいい選択だなって思いました。

↓意外にも好評価なDS学習ソフト↓

もえスタ ~萌える東大英語塾~
posted by 須永 遊 at 10:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思う事つらつら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

何でこの作者はニヤニヤさせるの上手いんだ!? カザマアヤミ氏「はつきあい」

前回のせなかぐらしを読んでから、俺の中でカザマアヤミ氏フィーバーが続いておりますw
せなかぐらしもすっごいニヤニヤしちゃうけど、ぶらっと本屋に立ち寄って見つけた氏の一冊、はつきあいでした!
もう完結している作品なんですけど、これもまたせなかぐらしに負けないぐらい面白い!
オムニバス形式の話なんですけど、それぞれの初のお付き合い⇒はつきあいという、その説明を聞かないとなんぞや!って感じになりますね。まぁエロはないですよ、健全な少年誌での連載でしたからw
でもその分、初々しさ全開の内容で、手を繋ぐだけで顔真っ赤! そして初々しいキス…!
思春期真っただ中な男子には、もう色々直撃だった作品じゃないでしょうかw

…俺も揺さぶられたw

その中でも一番好きなのは、ユルラインっていう話。
異性友達程度の2人がかる〜い気持ちで付き合う事に。ふざけ合ってる内にお互い惹かれてキスにまで至るストーリー。
…うん、さばさばしているヒロイン由香がキスした後にデレるっちゅうのはね……

反則だろう!!!!

叫びたくなりました。
そんな話が色々詰まってます。
恋に飢えている方、是非お勧めを。いや、せなかぐらしを見た人も併せて見るともっといいかも!!



posted by 須永 遊 at 22:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

これはかなりキタ! カザマアヤミ氏「せなかぐらし」

カザマアヤミ氏はちょこっとヒメ という作品で知ったのですが、絵柄が可愛いし話の内容も面白かったので印象的でした。
そのなかで、せなかぐらしが俺の心にクリーンヒットしましたw

念願の一人暮らしが出来た主人公、綿見巡とヒロインの飴腹菓奈は隣同士。
しかし部屋を仕切っているのは壁ではなくて半透明なすりガラス!
巡は女の子が苦手だけど、何故か菓奈が気になる。でもやっぱり女の子に対して免疫がないから不可解な行動や言動で菓奈を傷つけてしまったりするが、徐々に仲を深めていくラブコメです。
1巻ではまだ巡は「恋心」を理解していない状態で終了しますが、それでもヒロインの魅力にメロメロなのがわかるからニヤニヤ。
そして菓奈が可愛いし、結構性格がぶっ飛んでるわけでもなく普通の女の子。それでも彼女の魅力を十分表現できています。

何か俺も読んでてニヤニヤしちゃってるから、傍から見ると気持ち悪い人間でしょうw
しかし、いくつか伏線があるので、お互いの仲が深まると同時にひと騒動起きそうな予感がします。
これからどのようなストーリー展開になるのか、早く2巻が出てほしくて待ち遠しいです!

posted by 須永 遊 at 21:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。